乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

良性のしこりについて   [管理番号:6911] 
①私のように多発する場合、もしくは毎年増える場合どのように検査していくのがいいのでしょうか?(半年に1回エコー、もしくは1年に1回のエコー、適切な感覚を教えていただきたいです。健診だけでいいのでしょうか…)

②しこりが多発するからこそ、技師さんのエコーよりもお医者さんにきちんと診ていただきたいのですが、そういう病院を探すべきでしょうか?
ぜひ田澤先生に診ていただきたいですが遠方のため伺うことができません。
愛知県で探しています、どのような病院、医師を探すべきでしょうか?

③特に針生検をしていない、1センチ以下のしこりが私が把握してるだけで3つ以上はありそうなのですが、ここの病院では、大きくなればやるけどねー、という方針のようです。
病院によるのでしょうか? しこりがあることがわかっているのに、そんな放置でいいのでしょうか?
もちろん形とかエコーで見てるし、大きくなればやるから、と言われていますがエコーだけの診断を信用していいのでしょうか?

④現在妊娠中ですが、エコーでの検査や、判断は非妊娠時 同様きちんとできるものなのでしょうか?次回は授乳が落ち着いた頃に来るよう言われましたが 1年以上間があくのも心配です。
■病名:腺維腺腫
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性乳癌早期の化学療法について   [管理番号:6904] 
質問なのですが、
①私の状況でタイプも何も分かってない状況で本当に抗がん剤は必要ないのでしょうか。

②1年4ヶ月で8㎜の大きさは進行が早いのでしょうか。

③エコーで7×8㎜のものが、手術をして組織を取ったら1cmを越えていたという事はよくある事でしょうか?

④エコーで見える腫瘍の大きさが手術後の組織検査をした時の浸潤径と同じくらいと考えてよいのでしょうか?

⑤もし、手術後に腫瘍の大きさが1cm以内だった場合、トリプルネガティブや抗がん剤が効く型であれば先生でしたら、抗がん剤を勧められますか?
■病名:浸潤性乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後補助療法について   [管理番号:6594] 
乳房温存術後、抗がん剤治療をすることになり、TC療法でいく予定でしたが、今の病院で新たに違う治療法(AC療法+weeklyパクリタキセル)が提示されました。

右乳房 AC領域
浸潤性乳管癌 18mm
リンパ節転移 1/9 (センチネルに0.5mm)
断端陽性(非浸潤)
脂肪組織、脈管浸潤あり
ER 90% PgR 90%
Her2陰性
ki 67 =52%
私の現状を考えるとアンスラサイクリン系はやっておいたほうがよい。
後々やっておけば良かったと後悔することのないようにと AC療法+weeklyパクリタキセルを強く勧められました。

この2つの抗がん剤治療について先生に教えていただきたいです。
先生は以前にTC療法を勧めてくださいましたが、今になり改めてその理由が知りたいです。
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後化学療法後の肺転移について   [管理番号:6910] 
術前検査骨シンチ、CT、乳房MRI、心エコーを受けて遠隔転移なしでした。
5月下旬に左胸全摘手術を終え、 TC療法4回後ホルモン療法と言われました。

TC療法3回目辺りから喉、胸のつかえ感がありました。
主治医の先生はおそらく抗がん剤の副作用だろうとの事で、今はつかえ感もきにならなくなりました。
TC療法を9月(上旬)日に4回目を終えて、三週間後にCTで問題なければホルモン療法と言われたのですが、CT検査で肺に何個か1ミリの白いものが気になると言われ、PET検査を受けました。
結果、何も写っておらず、1ミリだから写ってないだけなのか抗がん剤の影響という事もあるので、11月(下旬)日に再度CT検査をします。

術前でのCT検査では問題なかったのにしかも抗がん剤治療中に肺転移するものなのでしょうか?
毎日不安で不安で子供もまだ小さく、これからどうなるのだろうと気が気ではありません。

来月のCT検査も考えるだけで怖くて仕方ありません。

TC療法4回目が終わって、今では脱毛した髪も生え始め、辛い足の浮腫みもだいぶ軽減され、治療頑張り抜いたと思った矢先に肺転移してたらと考えただけで眠れません。

全摘決断して、術前化学療法を勧められてましたが、田澤先生のサイトで、田澤先生のコメントを拝見してましたので、手術先行で全摘の気持ちが強い事を主治医の先生に伝えました。

術後4ヶ月、抗がん剤治療中に転移するものでしょうか?
納得がいかず毎日気が気でなく、田澤先生のご意見をお聞きしたいと思い質問させて頂きました。
■病名:乳がん
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。