乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

局所再発の手術について   [管理番号:6225] 
乳がんが局所再発してしまい、手術方法を部分切除とするか、全摘同時再建するかで迷っています。

5年前に右乳がんの手術を受け、タモキシフェンを服用中。
2018年2月にエコーで局所再発の腫瘍8×6×7㎜うつりました。
今月、PET-ct を受けましたが、局所再発の所見で転移は見つかりませんでした。

現在、乳房部分切除手術+センチネルリンパ節生検を5月に予定しています。
腫瘍が小さいので、部分切除可能と言われました。
乳輪から1.5cmくらいの位置にあります。

局所再発(単なる取り残し)であれば、万一、もう一度再発してもまた切除すればよいと考えてもよいのでしょうか。
(局所再発は繰り返してもリスクには至らないのでしょうか。)

可能であれば温存したい気持ちもありますが、
先生のコラムを拝見していると全摘出すべきなのかと思いました。
江戸川病院では、局所再発の全摘同時再建は可能でしょうか。
放射線治療を5年前にしていても同時再建は可能なのでしょうか。

そもそも、局所再発時の同時再建は避けたほうがよいのでしょうか。
■病名:乳がん
■症状:腋窩リンパ節の腫れ
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

石灰化   [管理番号:6885] 
2016年7月検診にて、石灰化カテゴリー3 左乳房を指摘され県立病院へ行きました。
マンモ、エコーをしてもらい経過観察となり
2017年7月石灰化が少し心配な為マンモトーム生検をしました。

二週間後結果を聞きに行き悪性ではないと言われ、半年経過観察になり2018年2月マンモとエコーをして、経過観察となり様子を見ていました。
経過観察は一年後となり、不安な気持ちをなんとか抑えながらの生活でした。

2018年7月頃に自分で触診してみた所左の乳房から出血し、びっくりしたものの、担当医は悪性ではないと言っていた事を思い出し様子を見ていました。
2018年10月出血が止まらなくなり、下着も真っ赤になるくらいでした。
慌てて以前から見て頂いてる病院に行き針生検をしてもらい先日結果を聞きに行きました。
取れた細胞が少ない為判定できないとの事で、今後の治療方針としてはMRIをして広がりを確認し、その後判断するか経過観察するか手術で取り除くかどれかだと言われました。
私的にはシコリが何なのか分からず、どの選択が正しいのか悩んでおります。
■症状:石灰化、乳頭分泌出血
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。