乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

トリプルネガティブの術後化学療法について   [管理番号:6854] 
先日、母が左乳房全摘出手術を受けました。

手術後の診断は

ステージ1A
大きさ1cm
浸潤性
リンパ節転移 陰性
トリプルネガティブ
となります。

状態が浸潤性で微小転移の可能性があること、タイプがトリプルネガティブであることから
術後に再発予防の為の化学療法を受けることを担当医から勧められ、
何もしないのもやはり怖いということもあり、
高齢であることに不安もありましたが化学治療を受けることを決めました。

当初AC療法(アドリアマイシンとエンドキサンを3週間毎4回)の12週間の治療説明を受け、治療を開始しましまたが、
1回目の投与を受けた翌週にAC療法の後にパクリタキセル週1回を12週間の治療も受けたらどうかと勧められ、
その治療を受け入れるか否か、判断をつき兼ねて悩んでおります。
■病名:乳癌
<女性:72歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

病理結果後の治療について   [管理番号:6853] 
田澤先生にお聞きしたい内容は、

1、まだオンコタイプDXの結果がありませんが、所見の内容を見て、ベストな治療を教えてください。

2、大胸筋側の断端近傍0.2mmにまで浸潤性病変あり、のための放射線治療は受けるべきなのでしょうか?
既にインプラントが入っていますので、
放射線治療を受けた場合に、インプラントに影響はないのでしょうか?

3、乳腺内リンパ節転移の疑いとは、センチネルリンパ節には転移はなかったのに、
どういう事なのでしょか? 抗がん剤治療をすると考えた方がよいのでしょうか?
<女性:59歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。