乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

抗がん剤の使用について   [管理番号:6660] 
春の人間ドックで乳がんの疑いがあり、検査の結果、左乳房の乳がんと診断診断され、5月に乳房温存手術を受け抗がん剤の投与を受けております。

左乳がん 腫瘍径1.4センチ  髄様癌
T1N0M0
ステージⅠ  リンパ節転移無し
エストロゲン受容体:陽性、 プロゲステロン受容体:陰性
脈管侵襲:陰性  核異型度:2  HER2:0
Ki67:61.2%  ルミナルBタイプ

術後の治療としては
EC療法4サイクル+ドセタキセル4サイクル
放射線療法25回
フェマーラ5年間服用

となっております。

次回点滴がEC療法の4サイクル目となりますが、本人曰く副作用がきつくて耐えられない(端で見ていても明らか)と言っています。

そこで教えていただきたいのですが、ドセタキセルの投与を中止し放射線療法~ホルモン療法を行うことは、どの程度予後に影響しますでしょうか?
EC療法をきっちり終えた後であれば、ドセタキセルの上乗せ効果が数%程度ということなら、今の妻の状況からみて実施しない選択肢もあるのかなと考えはじめております。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

骨転移について   [管理番号:6659] 
6月頃に急に腰の痛みを感じ、そのときはぎっくり腰と思っておりました。

それから徐々に痛みは取れていったのですが、
僅かな腰の痛み(というほどではない違和感)がなかなか取れなく
主治医に相談したところ、「まずは整形外科の受診を」とのこと。

整形外科を受診し、レントゲンを撮りました。

乳がんを申告をしたうえで、「転移も骨折もありません」と
言われました。

7月に定期健診をした際に主治医に相談したところ
「ロキソニンを処方するので、それでもしばらく続くようでしたら
また受診に来てきてくだい」とのことでした。

未だに僅かな痛みは続いており、もしかしたら転移しているのではないか
と思うようになりました。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

どうしたらいいか悩んでいます。   [管理番号:6413] 
先生は良性っぽい所もあるけれど、含まれている可能性もあるから、ひらかないとわからないグレーゾーンと言われました。
選択は
1.経過観察(ただ、見つかった時はある程度ひろがっているかも)
2.乳頭の上を3センチ切った
検査手術(癌がみつかった場合二、三ヶ月後に再手術)
胸の変形が軽度でおさえられる
ただ、再手術になったら傷が広がる
3.癌に準じた手術
胸の脇を7センチきる手術
癌に準じた手術なので、大きくとる軽度から中等の変形がおきる
一回の手術でおわります。
もし、悪性の場合は、抗がん剤はなしで、放射線だけで大丈夫といわれてます。
病変は8ミリの特殊な粘液乳がんの疑いだそうです。
まだ決まった訳ではありませんが、良性の確率もあるみたいで…
7センチをきるのを選択したのですが、もし、良性だと傷が胸のわきに7センチ、胸の変形、痛み、傷がのこると思うと辛いです。
なので、今は3センチの外科的生検にしようかなと揺れています。
乳がんの判定は難しいんでしょうか?
MRI、CTは確率はあたるのでしょうか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。