乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

エコー左乳房乳首の近くに7ミリの黒い影   [管理番号:6579] 
5ヶ月振りの乳がん検診、前回マンモグラフィー、エコー異常なし。

今回左胸の乳首の下あたりに黒い影、7ミリがあり、念の為、安心を得るために細胞診しようと、してもらいました。

結果は7月(中旬)日ぐらいだそうです。
ホルモンバランスかもだし、ほんとそんなに、心配しなくていいよと、言われのですが、不安です。
大丈夫でしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

転移   [管理番号:6313] 
途中経過を聞きに行ったら、しこりはやはり乳ガンとの事で、しこりの大きさは1.6㎜。

ただ、組織を調べていく中で、しこりが出来たのは脂肪や筋肉から飛んできた(血液やリンパを通して)可能性もあるとの事を言われました。
(脇にはしこりはありません)

組織を詳しく調べていくのと同時にPetを勧められ、まだ詳しい日にちは決まってませんが、やる事になりました。

気が動転してしまい、今、冷静になってわからない事があるのですが、
①脂肪や筋肉から胸にしこりとして転移することはあるのでしょうか?
②例えば、他の内臓とかからガンが転移して胸のしこりとして現れたのでしょうか?
③逆に、胸のしこりが他に転移して組織判定を難しくしているのでしょうか。

胸のしこり以外に身体に自覚症状として何もないので、
不安でいっぱいです。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

しこりについて   [管理番号:6306] 
63歳の母親のことです。

1月頃から左胸のしこりが気になっていたとのこと。
数ヶ月悩んだ末に4/(中旬)に近所の開業医を受診した結果、エコーでは判断がつかないということで総合病院に紹介状を
出してもらったと打ち明けられました。

母親の話では、しこりが気になり始めた1月頃に首から左胸辺りにかけて筋肉痛のような痛みがあったとのこと。
雪かきによる筋肉痛だろうと思っていたようです。
同時期に高血圧で通っているかかりつけ医で定例の血液検査をした時にはいつもより白血球の数が多いなと思ったとも話しています。
現在は痛みや体調の変換はないようですが、本人の話ではしこりの大きさがクルミ位あるとのこと。
4/(中旬)に総合病院で精密検査をしていただき結果をみてからでないとわかりませんが、一連の自覚症状としこりの大きさからみて何か判断材料になるものかと思い質問しました。
<女性:63歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

タモキシフェンによると思われる高リパーゼ血症について   [管理番号:6578] 
タモキシフェンの影響によると思われる「高リパーゼ血症」についてご教示いただけましたらと思い、投稿させていただきました。

病状としては、T1B・ホルモン受容体陽性(100%)で2016年12月に温存手術した後放射線治療を行い、タモキシフェンによるホルモン療法を2017年3月に開始して一年三か月ほど経過しました。

投薬開始一年後ほどで受けた人間ドックにより、高リパーゼ血症が指摘されました。

開始前・一か月後・今年四月の順に血清アミラーゼが
80,100,117(基準値内),リパーゼは25,36,95と急に増えました。

エラスターゼ1を含めた膵臓精密検査の結果は明らかな異常はありませんでした。

お酒は飲みません。

他には、糖尿病前状態(境界型)が指摘されており、食事・運動の改善と節酒を勧められました。

LDLコレステロールも高めです。

開始前・一か月後・今年四月の順に135,125,146とやや上昇気味です。

中性脂肪は50,73,54,HDLコレステロールは59,69,72といずれも基準値内でした。

その他はほぼ例年通り・基準値内です。

45歳160cm43kgと痩せ形の体型で、魚・大豆・野菜(キノコや淡色野菜が多め)・玄米もしくは雑穀米を主体にした食事を達成率8割ほど・少なくとも半年以上一年未満は続けています。

肉を入れる余裕がない分若干不満があるので、チートで食後に甘いものを少し入れる位はあります。

担当医からは、膵臓の件は膵臓のわかる専門医へということでしたが、以前視力が低下した際に眼科医にかかった際には、疲れ目の眼薬が処方されて終わりました。

その際の経験から見て、タモキシフェンの事がわかる先生でなければ今回の事も判断がつかないと思います。

膵臓の件は検査の結果から原因が特定できず、経過観察とされていますが、気にはなるので、お心当たりについて教えていただけましたら幸いです。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。