乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

病理診断の見方について   [管理番号:6426] 
田澤先生に右胸全摘手術を無事にしていただき、先日、病理診断の結果コピーをいただいて帰った者です。

帰宅後に気付いた事で、次の3ヶ月後の診察まで待つのも気になるので、
この場でご質問させていただきます。

診断結果報告、所見の、癌のあった場所について、
A列(#1、14)となっていますが、この場所表記の読み取り方が分かりません。

今まで、自分のシコリの位置はネットで検索で確認出来るような「右C(上部外側)領域」として認識していた為、今回の診断での表記に疑問が湧いています。
(参考にしたページ ↓
https://ganjoho.jp/data/hospital/training_seminar/cancer_registration/odjrh3000000hv0y-att/3-200-C50Breast.pdf)

明らかな外側のシコリでしたので、上部内側としての「A列」なら、尚更疑問です。

もともと術前の段階で、右A(上部内側)領域にも非浸潤がんの疑いのあるモノがあるとの事でしたので、そちらの事なのか、気になり出してしまいました。

全摘してますが、もう一箇所の非浸潤がんの場所、E列(#19)について等も知っておきたく、この表記の図説等があるようでしたら、教えていただけますでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

石灰化   [管理番号:6425] 
一人目が一歳一ヶ月になるまで授乳し、現在断乳して七ヶ月が経ちます。

乳ガン検診をしたところ、エコー、触診では問題なく、マンモグラフィーで石灰化を指摘されました。
2、3年前の検診では石灰化はみられませんでした。

半年後にもう一度マンモグラフィーをしましょうとのことでしたが、不妊治療をしており9月に受精卵の移植を考えていることを伝えたため、約四ヶ月後(移植前)にマンモグラフィーをすることになりました。

再検査の結果、石灰化に変化がみられなければ受精卵の移植は延期して、石灰化の様子をみていくしかないでしょうか。

乳首を強く握るとまだ白色の液がその都度一滴だけ出るような感じです。
これと石灰化は
関係あるのでしょうか。

四ヶ月後にマンモグラフィーをするまでの期間に何か他の検査等したほうがいいでしょうか。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの術後抗がん剤   [管理番号:6424] 
今年4月末
乳輪温存乳房切除術+乳房同時再建手術を行いました。

【病理検査】
c T1c N0M0
stage 1
17 × 19mm ly(-) V(-)
ER (-) PS 0 + IS 1 = TS2
PgR(-) PS 0 + IS 0 =TS0
HER2 0
リンパ節、静脈 (-)

異型細胞は高異型度で分裂が目立ちます。
一部地図状の壊死が見られます。

来週から抗がん剤でTC療法×6回の予定です。

相談としまして、トリプルネガティブの基本は「アンスラサイクリン+タキサン」だとこちらで学びました。
その次にアメリカで増えているTC療法だと理解していたのですが、私の病状にTC療法は充分なのか、来週からのスタートを控えて不安な部分もあります。

母をすい臓がんで亡くしているので、余計に私のガン細胞は強いのではないかとも不安です。

また、回数も4回ではなく、6回。

主治医は、後年に白血病などの恐れを回避するため、リンパと静脈に転移が無かったために、こちらの療法を提案されたそうです。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳輪から母乳?   [管理番号:6423] 
最近、離乳食が進んであまり母乳を飲まなくなりました。

そのため胸が張るので先程、搾乳していると乳首ではない乳輪から母乳らしきものと、透明の液体が少し出ました。

調べるとモントゴメリー腺?のようです。

(乳首周りのデコボコ団したところです)
乳首ではなくモントゴメリー腺から透明の液体が出てきてビックリしました。

しかも左のおっぱいのモントゴメリー腺からは母乳らしきもの、右のおっぱいのモントゴメリー腺からは母乳ではなく透明の液体が出たので不安になってます。

透明の液体は乳がんに関する怪しい症状なのでしょうか?
そもそも母乳だろうが透明の液体がだろうが、授乳中は気にしなくて良いのでしょうか??
8月を待たずに乳腺科に受診すべきでしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

間質性肺炎で乳癌治療中   [管理番号:6276] 
田澤先生、質問があります。

① 薬剤性間質性肺炎はやはり予後不良なのでしょうか。

②今後、乳癌の手術は可能でしょうか。

③乳癌の今後の治療を田澤先生にお願いしたい場合、どのような手順で行えばいいでしょうか。
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。