Site Overlay

乳癌手術のブログ 2020/5/16

みなさん、こんにちは。

コロナも減ってきたけど、「緩み」も目立ち始めて心配する今日この頃です。

西日本から新幹線で受診した患者さんに聞いたら「新幹線も混んでいたし、東京駅も普通だった!」

先週の日曜日の「ガラガラ東京駅よ、カムバック!」そんな気持ちで、こんな記事(Newsweek 日本版)をみつけました。

〇 日本のコロナ対策は独特だけど、僕は希望を持ちたい(パックン)

日本の独特なやり方に、世界の人はびっくりする。え? 口契約だけで仕事が成り立つ!? 宗教に頼らず倫理観を国民に植え付けられる!? 魚に火を通さずに食える!? COVID-19、新型コロナウイルス感染症に対するアプローチも驚くほど独特だ。

ここから始まる(「強固に都市封鎖」もしないし、「個人を徹底的に見張る」こともしない)何とも独特な日本のやり方に「頷く」ことしかり。

そして、最終的に(このスタイルで勝利したら)「日本モデル」となるけど、(ただ、それは)世界のどの国も(真似したくても)真似できない(日本人だから「こそ」できる)モデルだと締めくくっています。(Japan pride)

個人的には『もしかしたら、普段から自転車にロックをかけないこの国なら、ロックダウンしなくても安全かも。』にも同館。

ただし、(私個人は)仙台で大学入学時に(ハヤサカサイクルで)購入した自転車を在学中に盗まれています!(すでに自動車生活で殆ど使っていませんでしたが…

 

これに対する、掲示板の反応も期待しています。

 

 

 

年齢 40-49歳

入院期間 3日間

痛み 4(手術直後) 2(退院時) 0(2週間後)

プラザで勉強はしていたものの、ガンについて考えると不安で悪いことばかり想像してしまい、それでは良くないと途中から改め、考えるのは一切やめて先生に「おまかせ」しようと決めました。そのおかげで(?)不安もなく大船に乗った気持ちで手術日を迎えられました。田〇先生に確定診断と手術をしてもらえたことが、自分に対してできた最善の選択だと思っています。傷跡も綺麗です!先生ありがとうございました!!

看護師、スタッフの皆様もありがとうございました。

Scroll Up