Site Overlay

乳癌手術のブログ 2020/4/14 術側の肩甲骨の凝りでした

昨日、東京でコロナが100人をきりましたね。(とても、いいことです)

報道では盛んに「今の日本はNYの2週間前だ」などと、囃し立てていますが…

ここで、「日本の底力」を見せましょう。(世界を「あっ」と言わせるのは「今」でしょ)

昨日は大雨、ここ東京では警報もでました。

そんな中、走っているのは私くらいだと思っていましたが… 一人すれ違いました。

このレベルの雨の中を走るのは年に1回(梅雨時が多い)位ですが…

今年は、これで終わりにしてもらいたいものです。

 

年齢 50-59歳

入院期間 3日間

痛み 2

術後一番きつかったのは術側の肩甲骨の凝りでした 注 1 )。術後の処置は厳重なテーピングのおかげで、安心感がありました。1か月後の診察までもちました 注 2 )

退院後、行動の制限は無しとのことで翌日から出勤しました。週末にはコンサートにも行きました。QOLに大きな変化無く過ごせていてありがたいです。

 

術側の肩甲骨の凝りでした 注 1 )

⇒術式が不明ですが…

リンパ節郭清すると、肩甲骨の裏側に痛みが出ます。

腋窩リンパ節は「表」に思うのかもしれませんが、実際は「殆ど背中(肩甲骨のすぐ裏)」なのです。

厳重なテーピングのおかげで、安心感がありました。1か月後の診察までもちました 注 2 )

⇒術式は不明ですが…

温存なら2日間、全摘なら5日間 剥がれないように優しいテープ(優肌絆)で覆っています。(テーピングではありません)

 

年齢 60-69歳

入院期間 3日間

痛み 5

手術前から術後まで、ていねいに看護して頂きありがたかったです。

お世話になりました。

Scroll Up