Site Overlay

乳癌手術のブログ 2020/3/8 これからもその時々でベストを尽くしていきたい

洗濯機を買いにいったら「中国から部品が入らないから」5月の連休明けに納品されるとの事。

「まさか!」

完全に故障していなかったから、(うちは)まだ大丈夫だけど完全に壊れてしまった人は大変だよね。

雨がしとしと降る日曜日。

こんな日には、お家で素敵なお手紙を読むのもいいものです。

 

 

年齢 50-59歳

入院期間 2泊3日

痛み 3(直後) 1(翌日以降)

乳がんプラザでも結果を送信したのですが、やはりどうしても先生に感想をお伝えしたく、でもハガキではお伝えしきれないので、こうしてお手紙にさせていただきました。

乳癌を宣告され精神的ショックの大きい私たち患者にとって、治療の第一歩が信頼する先生の的確な手術であることは本当にありがたいと思います。体に悪いものが見つかれば一日でも早くなくしてしまいたい!と思うのが人間です。局所的に悪いものをまず取っていただくことで私は「さあ、次は頑張って全身治療するぞ」という勇気が湧きました。

また何よりうれしく思ったのは「周囲に病気のことを知らせることなく、家族や仕事の関係者にできるだけ迷惑をかけずにすんだ」ことです。退院の日、家まで私を車で送った妹と母は、暫く私の家に滞在して一週間ぐらい家事を手伝うから寝ていれば?と言ってくれました。しかし退院した夕方から仕事に復帰している私を見てびっくりし、「本当に帰っていいの?」と半信半疑な様子で実家に戻っていきました。

まさか手術の翌日から仕事も家事もできるなんてとても信じられませんでした。全摘、リンパ節レベル2まで郭清していただいたのに…土曜日の夜仕事をしながら「昨日の今頃は病院のベッドで寝てたよね?」と自分でも驚いたぐらいです。

乳癌を患う世代は仕事も家庭も忙しい年代です。でも私のスケジュール(木曜日午後入院、金曜日手術、土曜日午前中退院)では、仕事を休んだのは木曜の午後と金曜、それに土曜日の午前中だけでした。土日休みの仕事の方は木曜の半休と金曜日の休暇で住みます。乳癌の手術なのにインフルエンザで休むより短い期間で復帰できたのです!お陰様で周りの人々には「法事で実家に帰っている」ことにし、家族には作り置きのカレーでなんとか乗り切ってもらうことができました(笑)。

地元の大学病院から江○川病院に転院させていただくにあたり、片道2時間の通院となることに対し、家族は「もし転移でもしたら遠くて大変でしょ?」などと心配していました。でも大学病院のような分業ではなく、信頼している先生にすべてをお願いできることの安心感や、短時間で手術から復帰できることのありがたさなどは何事にも代えられません。ましてや最初から転移ありきで病院を選ぶなど絶対にしたくありません。直観的に転院を決心したあの時のように、これからもその時々でベストを尽くしていきたい 注 1 )と思っています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

実際には、この後に「プライベートな感想」が続くのですが、ここでは割愛します。

率直にご評価いただきありがとうございました。

最初から転移ありきで病院を選ぶなど絶対にしたくありません。直観的に転院を決心したあの時のように、これからもその時々でベストを尽くしていきたい 注 1 )

⇒私も賛成です。

(洗濯機など)電化製品を買うのとは異なり、自分の身体は唯一のもの(取り換えが効かない)です。

(近いなどの)「利便性」で決めてしまうのは違うと思っています。

 

 

年齢 40-49歳

入院期間 2泊3日

痛み 4

田○先生 ○/○手術して頂きました、ありがとうございました。毎日のよう乳がんプラザで勉強させていただいています。私も含め乳癌で不安を抱えているみんなに回答して頂き心から感謝しております。

多忙な先生だと思いますがどうかこれからもみんなのためにお願いします。

先生は私たちのスーパーマンです!!

お身体、大切にしてくださいネ。

 

スーパーマンだなんて…

頑張ります。

Scroll Up