乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



「開花宣言(東京)」出ましたね。

正真正銘の「春」

この春に特別な思いのある人も無い人も、「冬の時代から 人生の春が来た」など、何となく(日も長くなったこともあり)嬉しく感じますよね。

単純に「暖かさ」だけが好きなら「南の島(常夏の島)」の人は年中幸せかと言ったら「そうでもない(たぶん)」

つまり「冬→春」という落差が必要なんですね。

 

先日、「東京で開花宣言? でも本日は見送り」みたいな日がありました。

その日のスカロケ

マンボー『この(リスナーからの)書き込み、ちょっとできすぎだよ。サクラじゃないの?サクラの開花だけに。』

秘書『何て事、言うんですか! リスナーさんに失礼です。サクラなんかじゃありません。スカロケでもサクラは開花しませんでしたよ。』

上手い事いうね。

「さくら」に「桜」と「おとり(偽客)」の2つの意味があることを知らない外国人には「?」でしょうね(笑)

 

年齢 40-49歳

入院期間 2泊3日

痛み 3

『リンパ郭清もかなり奥のエリアまで行ったとのことなので勿論痛みは全くないわけではありませんが、色々な経験者の話を聞くときっと皆んなはこんなものではなかった筈。

術後けっこうすぐに腕もだいぶん動かせましたし。

田〇先生のスーパードクター、ゴッドハンドっぷりはウワサ通りと、ますます今後の経過を見て実感していくことになると思います。

先生に出会えたことにより私は絶対に治る!ガンはキレイに切り取られていなくなる!私は絶対大丈夫。と確信できた日のことは今でも忘れられません。

絶対的な安心感と信頼のおける先生。

田〇先生に出会えたことが私の乳がんとの闘いでは間違いなく勝利への第一歩と確信しています。

先生、これからもたくさんの乳がんの人達に希望と光を与えてあげてくださ!!

私は今後も引き続きよろしくお願いします。』

 

『随分、お褒めいただき恐縮です。

ただ、絶対的な信頼感と安心感を感じていただけたことは、とても光栄。

「自分は治る」と(心から)信じてもらえることこそ、最大の武器なのです。』