乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7225]
性別:女性
年齢:34歳
病名:右乳癌
症状:右乳がん 術前化学療法中

 
 

質問者様の別の質問

新たな管理番号としました。

質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。

管理番号:7358「トリプルネガティヴ治療中

 
 

田澤先生、初めまして。
どうぞよろしくお願い致します。

長文、乱文をお許しください。

?5年前に乳腺症と言われ、1年半前の乳がん検診では問題なしでした。
昨年の9月に第二子を出産し、完全母乳で育てていましたが、12月初旬よりピンポン大のしこりができ、乳腺炎かと思い、2週間ほど様子を見ていました。
その後受診し、詳しい検査をして、結果が出るまで1ヶ月ほどの間に急にまた大きくなり石のように固くなってしまいました。

一ヶ月後の結果は右乳がん。

サブタイプはトリプルネガティブ。

CT所見
6.5センチ程で、位置的には胸骨上にかかるように存在。

脇のリンパ節転移3~4個程。

内胸リンパは乳房の腫れもありはっきりとわからない様子。

胸骨は薄っすら白く写っているが、撮り方かもしれないとのことで、ステージ3a と言われました。

そしてこの告知の翌日から術前化学療法を開始しました。

これまでの経過が早く、1日でも早く治療を開始したいという思いから、セカンドオピニオンはせずに治療を開始しました。
主治医はステージ3は根治もできるといってくれたのでそれを信じて頑張っていますが、今後の治療で不安に思うこともあり、ぜひ先生の意見をお聞かせいただきたいと思いました。

治療としては
術前化学療法:エピルビシン、エンドキサン×4
タキサン系×4
手術
術後化学療法(カペシタビン内服)と必要に応じ放射線治療となります。

現在の治療経過は、
エピルビシン、エンドキサン2回目を終え、エコーでは4センチまで小さくなっていました。

3回目は熱発の為、1週間延期しています。

この治療を全て行えたとしたら、根治の可能性はどのくらいありますか?
また再発、転移率はどのくらいあるでしょうか?
トリプルネガティブで私のような状態で完治している方はいるのでしょうか?
そして先生でしたら、治療方針どうお考えになりますか?

今のところ小さくなってきてはいますが、経過が早いため、抗がん剤中も他に転移してないかと不安になります。
抗がん剤治療中に進行した方の話や薬を変えたらまたしこりが大きくなってしまったという方の話を聞いてしまい、とても不安です。
その場合、今後の治療はどのようにしたら良いでしょうか?

もし胸骨の白っぽいもの(たまたま白く映り込むなんてことはあるのでしょうか?)が転移だったとしたら、今後どのような治療が必要でしょうか?
子供が小さく、できれば小学校に入るまでは見守りたいです。
治療すればどのくらいの期間延命できるでしょうか?

質問ばかりですみません。
先生のご意見をいただきたいです。
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

適応外診療は決してしてはいけません。

「術後化学療法(カペシタビン内服)」
→適応外診療!
 絶対にやってはいけません。 『今週のコラム 136回目 決して適応外診療を勧めることはありません。今回のガイドラインの記載には正直、迷惑であり驚いています』を熟読願います。

「この治療を全て行えたとしたら、根治の可能性はどのくらいありますか?」
→80%位でしょう。

「また再発、転移率はどのくらいあるでしょうか?」
→上記設問の「逆」ですね。
 100-80=20%となります。

「トリプルネガティブで私のような状態で完治している方はいるのでしょうか?」
→???
 本気で「完治した人がいない」と思っているのですか???
 冷静になりましょう。
 「無再発生存は80%くらいにはなるでしょう」

「そして先生でしたら、治療方針どうお考えになりますか?」
→ 抗がん剤の選択としては「アンスラサイクリン+タキサン」に異論はありませんが、適応外診療(術後の補助療法としてのカペシタビン)をすることは絶対にありません。

「抗がん剤治療中に進行した方の話や薬を変えたらまたしこりが大きくなってしまった」
「その場合、今後の治療はどのようにしたら良いでしょうか?」

→勿論手術です!

 術前抗がん剤は「もしも、抗がん剤が効かなかったら、手術不能となる前に手術へ迅速に移行」が大原則なのです。

「もし胸骨の白っぽいもの(たまたま白く映り込むなんてことはあるのでしょうか?)が転移だったとしたら、今後どのような治療が必要でしょうか?」
→放射線です。

「治療すればどのくらいの期間延命できるでしょうか?」
→骨転移はなさそうですが・

 (万が一)骨転移であっても「長期コントロール(10年以上)」も十分あり得ます。

 
 

 

質問者様から 【質問2 トリプルネガティブ治療中?】

性別:女性
年齢:34歳
病名:右乳がん
症状:術前化学療法中

以前も質問させていただいた者です。
先日は丁寧に返答していただきありがとうございました。

再度質問ですが、術前化学療法をした場合、術後化学療法はなにを使用するのが適切と考えられますか?

また術前化学療法でガン細胞が完全奏功した場合、予後が改善するとあったのですが、奏功しなかった場合でも、トリプルネガティブのステージ3 aの無再発生存は80%くらいあるのでしょうか?
5年後、10年後の無再発生存はかわりませんか?
どうしてもトリプルネガティブの予後不良という記事や再発転移後の予後の悪さが気になってしまいます。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

〇抗がん剤治療は「術前術後、どちらかにアンスラサイクリン+タキサン」となります。
 つまり
 1.術前にアンスラサイクリン+タキサンをやれば→術後は無し。
 2.術前にアンスラサイクリンだけをやれば→術後にタキサン
 3.術前抗がん剤しなければ→術後にアンスラサイクリン+タキサン

「術前化学療法をした場合、術後化学療法はなにを使用するのが適切と考えられますか?」
→上記通り。
 もしも術前に「アンスラサイクリンとタキサン」療法やれば(上記1に相当)、当然術後には抗がん剤はしません。

「また術前化学療法でガン細胞が完全奏功した場合、予後が改善するとあったのですが、奏功しなかった場合でも、トリプルネガティブのステージ3 aの無再発生存は80%くらいあるのでしょうか?」
→全てをトータル(完全奏効した者も、しない者も含めて)その数字となります。

「5年後、10年後の無再発生存はかわりませんか?」
→上記通り。
   

 
 

 

質問者様から 【質問3 全摘か温存で悩み中】

性別:女性
年齢:34歳
病名:乳がん
症状:治療中

先日は炎症性乳癌について教えていただきありがとうございました。

おかげで前向きに治療に取り組むことができました。

そして再度質問させてください。

現在、術前抗がん剤のEC4回、パクリタキセル 4回が終了しました。

MRIの結果、2センチのしこりは残存しているが、中は空洞化している可能性があるとのことでした。
2週間後に手術を控えており、全摘か温存か悩んでいます。

当初から再発リスクを考え、少しでもリスクがあるなら全摘するつもりでした。
しかし主治医からは放射線をすれば全摘の場合と変わらない効果があるとのことで、温存でいいのではないかと言われています。

年齢や今後のQOLも考えてのことと思いますが、かなり奏功してくれたとはいえ、元の腫瘍径のことも考えると温存することは高リスクなのではと考えています。

温存の場合、全摘よりも再発リスクは高くないのでしょうか?
私のように治療前、8センチほどの腫瘍がありトリプルネガティブの場合、全摘と温存どちらが良いのでしょうか?

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「温存の場合、全摘よりも再発リスクは高くないのでしょうか?」
→再発は厳密に「局所再発」と「全身(遠隔転移)再発」とに分けましょう。

「局所再発」は(当然ながら)温存すれば(術後照射しても)ゼロとはなりませんが、全摘すれば(それは)ゼロとなります。
 それに対し「全身(遠隔転移)再発」は、どちら(温存でも全摘でも)も変わりません。

「私のように治療前、8センチほどの腫瘍がありトリプルネガティブの場合、全摘と温存どちらが良いのでしょうか?」
→「トリプルネガティブ」に拘っているようですが…

 それは、術式とは無関係
 『今週のコラム 172回目 このように(元あった範囲に)点在して残存するのです』をご参照のこと。(主治医が「温存も選択肢」としているのだから、きっと「点在」ではないのでしょう)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。