Site Overlay

2b健存率について

[管理番号:2355]
性別:女性
年齢:35歳
34才(手術時)、グレード3、ルミナールb、リンパ節転移3個の乳がん患者の健存率を教えてください。
術後病理結果は腫瘍サイズ22×18、リンパ転移3、核グレード3中程度のリンパ管侵襲、軽度の小静脈侵襲、ER陽性(3+)PgR陽性(3+)
HER2陰性、Ki-67は43.7%で浸潤性乳管癌。
結果を受けてアンソラサイクリン系四回、タキサン系四回とホルモン治療、放射線治療を行う。
以上、よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「34才(手術時)、グレード3、ルミナールb、リンパ節転移3個の乳がん患者の健存率を教えてください。」
⇒「アンソラサイクリン系四回、タキサン系四回とホルモン治療」を行った結果、再発率は「37%」となります。 よって「健存率は63%」となります。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

おはようございます。
回答ありがとうございました。
実は、もう手術、抗がん剤治療、放射線治療は終了していまして、来週には術後一年検査があり、どうしようもなくナーバスになっていました。
リンパにも転移していてその上グレードも3…。
すぐ再発転移してしまうのではないかと常に不安です。
再度質問で申し訳ありませんが、私の様なタイプは術後何年くらい再発転移が多くなるのでしょうか?
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「再度質問で申し訳ありませんが、私の様なタイプは術後何年くらい再発転移が多くなるのでしょうか?」
⇒質問者はルミナールタイプなので、「2年以内の早期再発のリスク」はそれ程高くはありません。
 「2~5年」を気をつけるべきでしょう。
 そのためにもホルモン療法を継続すべきなのです。
 
 

 

質問者様から 【質問3】

おはようございます。
回答ありがとうございました。
2~5年を気をつけるようにします。
先生が診察しておられる患者さんの2bのかたは
再発無くお元気なかたは多いですか?
私の病院では若年の同病の方と会うことも少なく、パソコンのブログ等を見ますと、再発転移しているかたが多く、不安になってしまいます。
 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。
「先生が診察しておられる患者さんの2bのかたは再発無くお元気なかたは多いですか?」
⇒勿論です。
 乳癌の再発は実際は少ないのです。
 
「パソコンのブログ等を見ますと、再発転移しているかたが多く、不安になってしまいます。」
⇒「再発した方」のブログが目立つのは当然です。
 「再発していない方」が「今回も検査は異常無」なんていうブログを見る人がいますか?
 
 

 

質問者様から 【質問4】

回答ありがとうございました。
一年検診してきました。
単純CT、マンモ、血液検査、骨密度の検査をして、特に異常なしでした。
CTはてっきり造影剤を使っての検査だと思っていましたが、単純CTでした。
検査としては十分でしょうか?
もう一つ質問なのですが、避妊について教えてください。
タモキシフェンとゾラデックスで閉経状態になると思いますが、避妊は必要なのでしょうか?
なかなか面と向かって主治医に聞きづらく、聞き逃してしまいました。
よろしくお願いします。
 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤
「CTはてっきり造影剤を使っての検査だと思っていましたが、単純CTでした。
 検査としては十分でしょうか?」
⇒十分というよりも「CTはそもそも不要」です。
 医療被曝を考えましょう。 今週のコラム 6回目 「無駄どころか有害なのです」 を参照しましょう。
 
「タモキシフェンとゾラデックスで閉経状態になると思いますが、避妊は必要なのでしょうか?」
⇒必要です。
 ホルモン療法中は「催奇形性」の問題もあるので「妊娠は禁忌」なのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
4+
Scroll Up