Site Overlay

細胞診レベル2

[管理番号:1575]
性別:女性
年齢:53歳
ご質問させていただきます。宜しくお願いいたします。
誕生日を迎える二ヶ月前、8月に生理が前半、後半に二回あり、その後
生理はなく胸の張りもなくなりました。
それまでは胸がひんぱんに張り、8月の際には朝起きた時など胸が授乳
期の様に硬くパンパンになって、朝痛くて起きた時もありました。
しかし、それを最後にむねは随分小さくなり張りもなくなり、生理も無
いとなったので、閉経かなと思った矢先、左上部右側の胸を触ったらシ
コリが見つかり、近くの乳腺科に行きましたところ、乳腺症が新しく癌
が出来ているのか二つ考えられるという事で、細胞診をする事になりま
した。痛みもなく生理もないので乳腺症はないだろうと思い、癌を覚悟
してしまいました。私の妹が昨年乳ガンになっている事もあるものですから。
3度針を刺し検査を行い(取りづらそうでした)結果、レベル2。半年後に
またエコーと言われました。が、細胞診は確実ではないと聞いた事があ
ったので、他の検査をした方がよいのか、今現在私自身が慢性骨髄性白
血病なため、他にも癌があるのかと心配になっております。
痛みもなく張りもないのに、乳腺症になるのでしょうか?だとしたらこ
れは無くなるのですか?
それから、免疫療法としてプラセンタ注射をずっと打ってきましたが、
乳ガンになりやすくなるのでしょうか?
長くなりましたが、ご回答頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願い致 します。
(シコリは1cmくらいだといわれました)
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「乳腺症か乳癌か」
このような際には注意が必要です。
私には「そのようなエコー像が想像」できます。
「乳腺症だとすれば、線維化が強く硬い」部分であり、「乳癌だとすれば、硬癌といって繊維成分を引っ張り込み硬い腫瘍」です。
そのような「硬い病変」に「細胞診では歯が立ちません」
○往々にして、「細胞診では診断がつかず、」経過観察となりがちです。
解決策は「組織診断」です。
特に「マンモトーム生検が診断には最も有効」となります。

回答

「閉経かなと思った矢先、左上部右側の胸を触ったらシコリが見つかり」
⇒更年期に伴う「女性ホルモン変動に伴う」乳腺症症状の可能性はありますが…
 やはり「50代で新たにできたしこり」には注意が必要です。
 
「3度針を刺し検査を行い(取りづらそうでした)結果、レベル2」
⇒細胞診のサンプリングエラーの可能性があります。
 
 
「痛みもなく張りもないのに、乳腺症になるのでしょうか?だとしたらこれは無くなるのですか?、」
⇒乳腺症の可能性はあります。
 ただ、「細胞診だけではリスクがある」と思います。
 
「細胞診は確実ではないと聞いた事があったので、他の検査をした方がよいのか」
⇒是非、組織診すべきです。
 
 
「それから、免疫療法としてプラセンタ注射をずっと打ってきましたが、乳ガンになりやすくなるのでしょうか?」
⇒関係ありません。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up