Site Overlay

ホルモン療法による婦人科検診

[管理番号:10252]
性別:女性
年齢:42
病名:右乳房浸潤性乳管がん
症状:
投稿日:2022年4月27日

2021年4月からホルモン療法(ノルバデックス服用+リュープリン注射)をしています。

ちょうど1年が経ちましたので子宮内膜をチェックすべく「子宮体がん検査」を予約しようと思っています。

特に、腹痛とか出血などの気になる症状はありません。

■質問
ホルモン療法始めるときに子宮頸がん検査をしたのですが、そのとき1.1cmのポリープがありました。

ホルモン療法によって、このポリープが大きくなることもありますか?

■質問
乳腺外科の主治医に子宮体がん検査のことを話したところ、「痛みを伴うわりには正確な検査結果が出ない(細胞採取部分によって結果が変わる)から、気になる症状があったり、HBOC
など遺伝性リスクがない限り、あまり推奨してない。」と言われました。

田澤先生は、子宮体がん検査の実施を推奨されていますか?

■質問
子宮体がん検査では、エコーをして子宮内膜がどのくらい厚くなっていたら細胞採取(癌を疑う検査)をするのでしょうか?
※田澤先生は婦人科医ではないので、専門外の質問でしたら申し訳ありません。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

田澤先生は、子宮体がん検査の実施を推奨されていますか?
⇒tamoxifenを内服している方は「必ず」年に1回子宮体癌検診しなくてはいけません。

子宮体がん検査では、エコーをして子宮内膜がどのくらい厚くなっていたら細胞採取(癌を疑う検査)をするのでしょうか?
⇒それは「勿論」婦人科医にお任せしています。(乳腺外科医が口を出すべきことではありません)

***
再質問をする場合、下記日付以降にしてください。
2022/5/13
***

Scroll Up