Site Overlay

乳ガンと髄膜腫

[管理番号:8412]
性別:女性
年齢:79歳
病名:乳ガン、硬癌
症状:
投稿日:2020年3月24日

79才の母の事で質問させていただきます。

8年前に乳ガンステージ1 リンパ転移なし、硬癌で5年間アリミデックス使用し現在、無治療で年1回外科通院し転移もなく過ごしてましたが、今回たまたま脳ドックを受けたところ小さな髄膜腫を違う病院の脳外科で指摘されました。

MRI 画像で髄膜腫は良性で、腫瘍が大きくなる頃には母も寿命を迎えてる頃で経過観察で行きましょうと脳外科の先生に言われたのですが、乳ガンも髄膜腫も硬膜から転移する事もあり心配になりメールさせていただきました。

転移癌と髄膜腫は画像だけで判断するものなのでしょうか?
又、pet など全身検査は必要なのでしょうか?
乳ガンの病院には、まだ行ってませんが生研は出来ないと思いますので不安になります。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「転移癌と髄膜腫は画像だけで判断するものなのでしょうか?」
⇒脳の専門ではありませんが…
 おそらく、できます。

 〇もしも「鑑別を擁する」画像であれば、(乳癌の既往があると知れば)尚更「乳腺外科に紹介となる」筈だからです。
  脳転移を(少しでも)疑えば、治療の主導権は乳腺外科となるからです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
34+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up