Site Overlay

嚢胞内腫瘤と乳頭直下に?

[管理番号:1277] 性別:女性
年齢:46歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1323「乳管区域切除

 
 
はじめまして。
前日、右乳房の下にしこりと血の混じった分泌物があったので『マンモグラフィとエ
コー検査』をしました。
しこりの方は『嚢胞内腫瘤』で、マンモには映らなかったがエコー検査で乳頭直下に
も何か影があったとのことでした。
針生検をする予定でしたが、もし癌であったことを踏まえて、広がりがないかMRを
来週して
その後に針生検をする流れになっています。
しこりに関しては、良性でも悪性でも手術をと言われました。
ただし、乳頭直下の方が癌であった場合は『右乳房全摘』とのこと。
こちらのページで、乳頭からの分泌物がある場合は『乳管造影』という検査があると
見たので、針を刺す前に他にやるべき検査があるのかと不安に思い質問させていただ
きました。
今回の受診では、マンモグラフィとエコー検査のみで、視触診もしていないです。
癌の可能性が高いのか、パソコンに何度も右乳癌と打ち込んでは訂正する、を繰り返
す様子をみて怖くてたまらなくなりました。
MRと針生検の前に他の病院でも検査も受けた方がいいでしょうか?
お忙しい所、すみません。ご回答いただけると幸いです。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
46歳で妊娠や授乳と関係なく「しこりと血の混じった分泌物」があるのであれば「要
注意」です。
ほぼ間違いなく「乳管内病変」でしょう。
この場合は「嚢胞内癌との鑑別が重要」となってきます。

回答

「針を刺す前に他にやるべき検査があるのかと不安に思い質問させていただきました」
⇒私であれば、「乳管造影」して「乳管内病変であることを確認」した上で「乳管区
域切除」を行います。
 更に「嚢胞内腫瘍」が疑われる場合に「針生検の選択」はしません。
 ・「嚢胞内容が散らばるリスク」と「嚢胞内腫瘍は診断が困難なので針生検でも診
断が確定しない場合が多い」という理由からです。
 「乳管造影ができない」のであれば「摘出生検」としてもいいとは思います。
 
「MRと針生検の前に他の病院でも検査も受けた方がいいでしょうか?」
⇒ただ、「乳管造影ができる」医師と巡り合うチャンスはかなり少ない事を危惧して
います(例えて言えば、絶滅危惧種と言えます)
 勿論「○研○○や、国立が○センターなどの大病院の医師」に期待する事は無理と
いうものでしょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up