乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6924]
性別:女性
年齢:44歳
病名:
症状:

この様な機会を設けていただきありがとうございます。

2017年3月に第3子妊娠中の乳がんが判明し2017年5月に出産、左乳房切除術を受けました。

術前のCT検査では遠隔転移はありませんでした。

術後病理結果は
ホルモン陰性、HER2(3+)
浸潤部23×16×20mm
硬癌、NG(3)、HG(3)
センチネル2/7(2mm、0.5mm)
でセンチネルリンパ節生検のみでした。

術後治療はFEC×4、ドセタキセル+ハーセプチン×4、ハーセプチン×13を2017年7月から行い2018年9月までおこないました。

先月2018年10月に肋骨と背中が痛み自宅近くの整形外科に行ったところ胸椎が圧迫骨折しており、脊柱に複数骨転移していることが判明しました。
臓器には転移しておりません。

圧迫骨折部は放射線を照射し終えランマーク治療をはじめました。

術後治療中のドセタキセルではアレルギーがおき、手足、背中、腹の皮が剥け赤紫色になりましたが、回数が4回なので主治医と相談しやり遂げました。

現在入院中で今週金曜日に胸椎補強手術を受けるが、その際に生検の話しが昨日でてどうしたら良いか迷っています。
整形外科医の話では放射線照射をしており生検しても必ずがん細胞が採取できるとは限らない。

脊柱管を弄るので後遺症のリスクがあがる。
当初の手術目的は今より動けるように帰ること。
他に転移した時に生検したら良いのではないか。

乳腺科では術後治療すぐの骨転移判明でハーセプチンが効いていたのか
効いてなかったのか知りたい。

田澤先生でしたら生検を勧めますか。
勧めませんか。

また、生検を行いハーセプチンが効いていた時の今後の治療、効いてい
なかった時の今後の治療、生検しなかった時の今後の治療での抗がん剤を教えていただきたいです。

主治医に骨転移が判明した際、ドセタキセルはアレルギーがあり使いたくないのでアバスチンとパクリタキセルはと尋ねましたら、HER2陽性タイプは他にも良く効く薬があるとパージェタのパンフレットをいただきましたのでアバスチン使用は考えてないようです。

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「田澤先生でしたら生検を勧めますか。」
→勧めません。
 リスクを冒してまで行う必要はありません。

「HER2陽性タイプは他にも良く効く薬があるとパージェタのパンフレットをいただきましたのでアバスチン使用は考えてないようです。」
→勿論です。

 抗HER2療法を優先すべきです。
 Trastuzumab + partuzumab + 抗がん剤となりますが…

 その抗がん剤の選択肢はさまざまありますが…
 ドセタキセルにアレルギーがあったのなら、敢えてpaclitaxelは避けて「eriblin」でもいいでしょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。