Site Overlay

胸椎転移の今後の治療

[管理番号:6924]
性別:女性
年齢:44歳
病名:
症状:

この様な機会を設けていただきありがとうございます。

2017年3月に第3子妊娠中の乳がんが判明し2017年5月に出産、左乳房切除術を受けました。

術前のCT検査では遠隔転移はありませんでした。

術後病理結果は
ホルモン陰性、HER2(3+)
浸潤部23×16×20mm
硬癌、NG(3)、HG(3)
センチネル2/7(2mm、0.5mm)
でセンチネルリンパ節生検のみでした。

術後治療はFEC×4、ドセタキセル+ハーセプチン×4、ハーセプチン×13を2017年7月から行い2018年9月までおこないました。

先月2018年10月に肋骨と背中が痛み自宅近くの整形外科に行ったところ胸椎が圧迫骨折しており、脊柱に複数骨転移していることが判明しました。
臓器には転移しておりません。

圧迫骨折部は放射線を照射し終えランマーク治療をはじめました。

術後治療中のドセタキセルではアレルギーがおき、手足、背中、腹の皮が剥け赤紫色になりましたが、回数が4回なので主治医と相談しやり遂げました。

現在入院中で今週金曜日に胸椎補強手術を受けるが、その際に生検の話しが昨日でてどうしたら良いか迷っています。
整形外科医の話では放射線照射をしており生検しても必ずがん細胞が採取できるとは限らない。

脊柱管を弄るので後遺症のリスクがあがる。
当初の手術目的は今より動けるように帰ること。
他に転移した時に生検したら良いのではないか。

乳腺科では術後治療すぐの骨転移判明でハーセプチンが効いていたのか
効いてなかったのか知りたい。

田澤先生でしたら生検を勧めますか。
勧めませんか。

また、生検を行いハーセプチンが効いていた時の今後の治療、効いてい
なかった時の今後の治療、生検しなかった時の今後の治療での抗がん剤を教えていただきたいです。

主治医に骨転移が判明した際、ドセタキセルはアレルギーがあり使いたくないのでアバスチンとパクリタキセルはと尋ねましたら、HER2陽性タイプは他にも良く効く薬があるとパージェタのパンフレットをいただきましたのでアバスチン使用は考えてないようです。

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「田澤先生でしたら生検を勧めますか。」
→勧めません。
 リスクを冒してまで行う必要はありません。

「HER2陽性タイプは他にも良く効く薬があるとパージェタのパンフレットをいただきましたのでアバスチン使用は考えてないようです。」
→勿論です。

 抗HER2療法を優先すべきです。
 Trastuzumab + partuzumab + 抗がん剤となりますが…

 その抗がん剤の選択肢はさまざまありますが…
 ドセタキセルにアレルギーがあったのなら、敢えてpaclitaxelは避けて「eriblin」でもいいでしょう。

 
 

 

質問者様から 【質問2 胸椎転移の今後の治療】

性別:女性
年齢:44歳
病名:
症状:

先日は質問に御回答いただきありがとうございました。

胸椎の補強手術では生検は行わず後遺症もなく無事に退院することができました。

田澤先生にも抗HER2療法を優先すべき。
薬剤はパージェタ+ハーセプチン+エリブリンと教えていただき主治医にお願いしましたが臨床段階と言われてドセタキセルのアレルギーがあるためパージェタ+ハーセプチン治療がはじまりました。

エリブリンは2投1休でほぼ毎週通院になり子どももおり遠いため通院が負担のなるのでは言われました。

FEC、ドセタキセルでは骨髄抑制で毎回フィルグラスチムを打っておりました。

今回の治療では初めから抗がん剤がないことに不安を感じています。

退院してから管理番号6910「術後化学療法後の肺転移について」を見ました。

私が術後治療でドセタキセルを行なっていた時はステロイドは2日しか処方されておらずアレルギー症状が出たのは5日後位でした。

ステロイドを長めに処方していただきドセタキセルを加えいただくか、減薬してドセタキセルを行う。
もしくはもう一度エリブリンをお願いする方がいいのか迷っております。

主治医にはこれから長いので初めから頑張らなくていいのではというようなことを言われました。

でも臓器に転移のない今が頑張り時ではないかと思っております。

前回と同じ様な質問で申し訳ございませんがどの様な治療が良いのか教えてください。
お願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

敢えて(リスクを冒してまで)ドセタキセルを(再度)使用する必要はないでしょう。
Eriblinは非常にいい薬剤です。『今週のコラム 138回目 効果と副作用のバランスがとれた抗がん剤で「いい状態を維持」するやり方があることを知ってもらいたいのです。』参照のこと。
質問者自身が「2投1休」頑張ればいいのです。
通院をまずは3か月位、頑張ってみましょう。

 
 


 

質問者様から 【結果3 】

骨転移で抑えられております
性別:女性
年齢:45歳
病名:左乳がん術後多発骨転移
田澤先生の診察:[診察なし]
田澤先生の手術:[手術なし]

2018年10月に多発骨転移が判明した際の化学療法でのレジメンをご教示頂きありがとうございました。

2018年11月からランマークとパージェタ+ハーセプチンがはじまり、その後主治医にもう一度お願いしエリブリンを加えていただき2019年1月から10月までの12クール、エリブリン+パージェタ+ハーセプチンを行いました。

エリブリンで好中球不足のため2割の減薬、一時的な肝機能低下、ハーセプチンによる慢性心不全、パージェタを加えてから爪囲炎からの肉芽、爪が割れたり肌荒れなどの副作用はありますが抗がん剤と分子標的薬が良く効いて転移した骨が硬化しており内臓に転移することなくがんが抑えられているとの事で11月よりエリブリン抜きのパージェタ+ハーセプチンにランマークを続ける事になりました。

主治医からはこのタイプ(HER2 陽性)は数は多くはないがなかには完治(寛解)する人もおりこのままいい状態が続けば完治(寛解)もありえる。がんが悪さえおしてきたら抗がん剤を加えたり、違う薬を使って抑えていい状態を維持していけば良いとの言葉もいただけました。

1月から10月までは好中球不足による化学療法の延期や心機能低下による検査や治療でほぼ毎週の通院でしたが心臓も投薬継続により改善され通院も少なくなりました。

不安が全く無いわけではありませんが治療効果で良い結果が出て希望が持てましたことに大変感謝しております。
ありがとうございました。

季節がら寒さが厳しいですので田澤先生を頼りにしている患者が私も含め全国におりますのでお体ご自愛ください。

<Q&A結果>



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
6+
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up