Site Overlay

血液検査の結果について

[管理番号:3508]
性別:女性
年齢:40歳
昨年10月中旬に左全摘(乳頭温存)手術、
12月上旬から抗がん剤TC開始(1クールと2クールは6週間空け投与)
2月下旬に4回終了(4クール目は薬剤80%減量)
3月中旬~現在、ホルモン療法中。
リュープリン注射(1か月ごと) + ノルバデックスを服用しています。
手術した癌の内容は、
T1b (15mm) pN1 (センチネルリンパ節に1個) リンパ節レベルⅡまで郭清、
癌の拡がりは40mm、ステージ2A 、ルミナルB (ki67が60%) でした。
本日お聞きしたいことは、現在の私の血液検査の数値で気になることがあります。
特に気になっているのが、もともとは4300くらいが私の通常数値だった「白血球」の値が、
6月から現在 2700 → 2800 → 2600 と 基準値よりも低くなっています。
他にも、「血小板数」も基準値より低く、「PDW」という値も、
「総コレステロール」「LDLコレステロール」も、「総蛋白」も「Alb定量」という数値も、「総ビリルビン」も、低い値ばかりなのです。
血液検査の結果の数値の横にL(基準値より低い)印が、たくさんついています。
 
Cl(クロール)というは基準よりH(高い)です。
反対に、腫瘍マーカー値はじわりじわりと数値が上がってきており不安と心配です。
「CEA」
健康だったころ0.8 → 手術直前1.3 → 手術後 1.2 → 1.4 →
 2.2 → 
今年6月 3.7 → 7月 5.1 H(基準値超える) → 8月 5.0
腫瘍マーカーCEAはまだ気にしなくてよい数値なのだと思いますが、許容範囲数値はどのくらいなのでしょうか。
このようにじわじわと数値が上がってきているのは、大丈夫なのでしょうか、不安です。
同じく「1‐CTP」も上昇傾向でとても不安です。
手術前 3.9 → 手術後3か月頃 5.6 H(基準値超える) → 4.3 → 4.7 H → 
今年6月 6.2 H → 骨シンチをするよう言われたが拒んだためまた血液検査 →
7月 6.4 H やはり再度骨シンチをするよう言われたが拒んだためまた血液検査 →
8月 結果待ち中 
今結果待ちの1-CTP数値が6前後だったら、今度こそは骨シンチを受けて骨転移チェックをするようにと主治医に言われています。
(CT検査もということです)
それでよいでしょうか。
私は今は術後1年経ってないくらいですが、私の癌の状況と治療で、
こんなに早くに骨転移もあることなのでしょうか?
白血球の数が随分と少なくなっていること(何か骨髄に問題??)、
じわりじわりと少しずつあがってきている腫瘍マーカーの数値(1-CTP基準値超え)から、
私には骨転移の兆候がありますでしょうか。
あるいは外に何か考えうる病状がありそうでしょうか。
以前は(癌治療前)はもちろん、乳がん手術直前の血液検査でもこんなことは全くなく、ほとんどすべてが基準値内でした。
なぜ、こんなに白血球の数が減っているのか知りたいです。
乳がんになってから食生活を少し見直した(野菜中心の食事にした)ので
それも関係あるのでしょうか。
(コレステロールが低くなったのはそのせいかなと思うのですが)
血液検査結果で注視すべき数値や、危惧する点があれば併せて教えてほしいです。
そして、現在ホルモン療法中ですが、
乳がん治療としてすべきことはなんでしょうか。
リュープリン注射(1か月ごと)に通い、 毎日欠かさずノルバデックスを服用していれば、
普通に生活していれば大丈夫なのでしょうか。
どうかよろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「「白血球」の値が、6月から現在 2700 → 2800 → 2600 と 基準値よりも低くなっています」
⇒ホルモン療法の影響がありそうです。
 ただし、私なら全く気にかけません。
「腫瘍マーカーCEAはまだ気にしなくてよい数値なのだと思いますが、許容範囲数値はどのくらいなのでしょうか。」
⇒急に、この倍(10位)となったら注意が必要です。
「このようにじわじわと数値が上がってきているのは、大丈夫なのでしょうか、不安です。」
⇒「じわじわ上がっている」うちには入りません。
「今結果待ちの1-CTP数値が6前後だったら、今度こそは骨シンチを受けて骨転移チェックをするようにと主治医に言われています。」
⇒全く無駄な検査です。
 そもそもI-CTPなど測定しなければ無駄な心配しなくて済んだのに…
 CEAとCA-15-3が正常値ならば、気にしない様にしましょう。
「私は今は術後1年経ってないくらいですが、私の癌の状況と治療で、こんなに早くに骨転移もあることなのでしょうか?」
⇒ありません。
「白血球の数が随分と少なくなっていること(何か骨髄に問題??)、じわりじわりと少しずつあがってきている腫瘍マーカーの数値(1-CTP基準値超え)から、私には骨転移の兆候がありますでしょうか。」
⇒ありません。
 想像し過ぎです。
「あるいは外に何か考えうる病状がありそうでしょうか。」
⇒治療の影響(おそらくホルモン療法)です。
「なぜ、こんなに白血球の数が減っているのか知りたいです。」
⇒大した数値ではありません(気にしない様にしましょう。私なら全く気になりませんが…)
「血液検査結果で注視すべき数値や、危惧する点があれば併せて教えてほしいです。」
⇒全く問題ありません。
 I-CTPなど測定せずにCEAとCA15-3だけで良いと思います。
「そして、現在ホルモン療法中ですが、乳がん治療としてすべきことはなんでしょうか。」
⇒それで十分です。
「リュープリン注射(1か月ごと)に通い、 毎日欠かさずノルバデックスを服用していれば、普通に生活していれば大丈夫なのでしょうか。」
⇒リュープリンは3カ月にしてもらったらどうでしょうか?(毎月通院は大変ではな
いですか?)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up