Site Overlay

胸骨脇リンパ転移の再発を防ぐための放射線治療は必要でしょうか?

[管理番号:7241]
性別:女性
年齢:56歳
病名:右乳房上内側部がん、胸骨脇リンパ2箇所転移あり
症状:

どうぞよろしくお願いします、3/(中旬)に放射線医師面談予定です

①抗がん剤治療後、ほぼ胸骨転移消滅の結果ですが、主治医より再発したら手術できないところなので、再発しないよう放射線をかけたほうがいいとの事
田澤先生でしたらどう判断されますか?

②かけた場合、肺に近く、治らない肺炎のリスクが高くなるようなのが怖いです、どのくらいの確率ですか?
それを持ってもかけたほうがいい状況でしょうか?

③放射線をかけた後同じところに再発した場合、ほかに治療法ありますか?それはどのような方法ですか?

④放射線をかけた場合の再発率、生存率はどのくらいですか?

⑤放射線をかけない場合の再発率、生存率はどのくらいですか?
※治療後は遠方に住む、軽度認知症の母の介護をしたいです。

2018/5 しこり発見後乳がんの診断
2018/6 PET検査にて胸骨脇リンパ転移2箇所 これをなくすために
2018/7 抗がん剤治療EC4回ドセ、ハーセプチン4回→胸骨脇リンパほぼ消滅。

2/(下旬) 温存手術
3/(中旬)放射線医師の診察後放射線治療
その後ホルモン治療予定。

術後病理
リンパ転移0、 HER2陰性、PgR60%、ER80%、ki-67 10%、薬物治療効果グレード1b、断端陰性

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「①抗がん剤治療後、ほぼ胸骨転移消滅の結果ですが、主治医より再発したら手術できないところなので、再発しないよう放射線をかけたほうがいいとの事、田澤先生でしたらどう判断されますか?」
→放射線照射は必須です。

「②かけた場合、肺に近く、治らない肺炎のリスクが高くなるようなのが怖いです、どのくらいの確率ですか?」
→その数字は不明ですが…
 それは「期待される治療効果」>>>「肺炎のリスク」となります。

「かけたほうがいい状況でしょうか?」
→その通り。

「③放射線をかけた後同じところに再発した場合、ほかに治療法ありますか?それはどのような方法ですか?」
→薬物療法

「④放射線をかけた場合の再発率」
→ここでいう「再発率」とは「局所(胸骨傍リンパ節)再発」のことですか?それとも「全身(遠隔転移)再発」のことですか?
 ★局所再発率は不明(そもそも局所再発率など存在しません)だし、全身の遠隔転移再発は、情報量が少ない(術前化学療法してますね?)ので判断できません。

「生存率はどのくらいですか?」
→これは「全身の遠隔転移再発率」と、ほぼ同じとなります。

「⑤放射線をかけない場合の再発率、生存率はどのくらいですか?」
→「かけた場合」同様に、それは不明です。

 ★ただ、「胸骨傍リンパ節に再発するリスク」は(照射しない場合の)半分くらいにはなるでしょう。

Scroll Up