Site Overlay

針生検の結果について

[管理番号:3610]
性別:女性
年齢:47歳
市の乳がん検診(マンモ)で以下の結果で再検査が必要との連絡がありました。
   
  右:構築上の乱れ
  左:しこり
再検査としてマンモとエコー検査を受けました。
右胸の構築上の乱れは心配ないとのことでしたが、
左胸のしこりがエコーの画像上では良性と悪性の判断がグレーだということで、針生検を行いました。
細胞診断の結果は以下の通りです。
臨床所見:左E6ミリもmassあり、濃縮嚢胞?粘膜癌?FNAしました。
検体適否:適正
所見:樹枝状構造を示す乳管上皮細胞の集塊が多数見られる。
細胞の異型は弱く筋上皮細胞も保持されている。
背景には間質裸核も認められる。
Fibroadenoma Suspected
判定:正常あるいは良性
半年後に再度受診する予定です。
この結果で癌でないと安心していいでしょうか?
組織検査をしたほうがいいのでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「この結果で癌でないと安心していいでしょうか?」
⇒細胞診は「検体適否:適正」とあるように、きちんと採取されているようです。
 その意味では「6カ月フォローで問題無」とは思います。
「組織検査をしたほうがいいのでしょうか?」
⇒但し、100%確定診断を得て安心したいのであれば「組織診」をすべきです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up