乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6979]
性別:女性
年齢:36歳
病名:乳がん疑い
症状:胸のしこり、乳房痛、脇のひきつれ

はじめまして。

1年半前の検診で右乳房に腫瘤があり、生検したところ良性。

半年ごとの検査では異常なし、ただし今年7月の検査で左乳房に腫瘤がまたできており、見た目は良性。
もし悪い子でも定期的に見ておけば早期発見できると話あり先日まで過ごしておりました。

11/11の生理開始10日ほど前から左乳房のチクチクとした痛みが続き、生理後も治らず胸を触ってみたところ左乳房の自分から見て乳頭より少し左下に3cm程のしこりを発見しました。

すぐクリニックを予約し(下旬)日にエコーしたところ先生からお話が、、ということで紹介状を書いていただき近くの某大学病院に11/(下旬)に行ってきました。

所見では、14mmの腫瘤と石灰化(腫瘤の周りに点々が5個くらい2箇所)が少し見られており、カテゴリー4の診断となりました。

針生検は予約となってしまったので(下旬)日なんですが、結果は12/(中旬)日と長く、大変不安で仕事も手につかず夜も眠れない状態です。

また、脇のひきつれと少しの痛みの違和感。

腰まで痛くなってきて、転移の可能性も否定出来ないのではないかと勝手な考えが巡っています。

脇のリンパは分厚い部分があるが、ガン化についての可能性は否定できないが、多分大丈夫と思うけど、とにかく検査結果を待ちましょうと言われています。

いずれにせよ、先生は乳がんについてはカテゴリー4といいながらも、
状態からして良性の可能性は低いとの表現をしているので乳がんに対する覚悟はでき始めているのですが、リンパ転移、その他転移についてが怖くて仕方ありません。

4ヶ月で14mmの大きさに成長した腫瘤が乳がんだった場合の進行具合で転移率はどの程度でしょうか。

長くなり申し訳ありません。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

まず、今回のメールで最も重要なこと。
それは「脇のひきつれと少しの痛みの違和感」は無関係だということです。

どうしても、皆さん「脇の痛み=腋窩リンパ節転移」と結び付けがちなようですが…
★腋窩リンパ節転移は(あっても、なくても)痛みなど絶対に無いのです。(全く無関係です)『今週のコラム 111回目 大事なことは、これら①~④の病気など世の中には無いのです。それは(我々医師には)自明なことなのです。』参照のこと

今週のコラムでも再三取り上げていますが…
(組織診もせずに)大学病院へ紹介するような、クリニックの診断に何の価値も見出せません。
今週のコラム 155回目 生検できないクリニックでの経過観察、まさに「ホラー級」の恐ろしさです

「4ヶ月で14mmの大きさに成長した腫瘤が乳がんだった場合の進行具合で転移率はどの程度でしょうか。」
→まず(上記のような)クリニックでの4か月前のエコー所見を信用することはできません。

 (もし仮に)本当に「いきなりできた」シコリならば肉芽腫性乳腺炎も考えなくてはいけないでしょう。
 ★少なくとも14mmで遠隔転移はありえないし、腋窩リンパ節転移の可能性も低いとは思います。(再三いいますが、痛みとか違和感は全く無関係)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。