Site Overlay

9月15日(木)② 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

他に考えられる治療方針について   [管理番号:10592]
■女性41歳
■病名:両胸乳癌
検査の結果、基質産生癌の方は腫瘍8cmほどですが目立ったリンパ節転移はなく、
もう一方の乳管がんは4cm、顔つきが悪く、縦隔リンパ節転移からステージ4、腋窩はもちろん、鎖骨上含み、転移は広がっています。 ……【詳しく読む】他に考えられる治療方針について

⇒ 更新内容はこちら。

 

病院により微細石灰化がうつったり、うつらなかったり   [管理番号:10591]
■女性47歳
■病名:微細石灰化カテゴリー3
■症状:微細石灰化
微細石灰化が本当にあるなら、ステレオガイドマンモトームをすべきだと思うのですが、A病院以外の2つの病院では微細石灰化は指摘されておらず、どうすればよいのでしょうか?
ちなみにBとCのクリニックではエコーは異常無し、1年後の検診で良いと言われています。 ……【詳しく読む】病院により微細石灰化がうつったり、うつらなかったり

⇒ 更新内容はこちら。

 

タモキシフェンによる子宮内膜厚と卵巣腫大について   [管理番号:10590]
■女性40歳
■病名:浸潤性乳管癌
今までの質問を拝見し、リュープリンを続ける目安は5年間とのことですが、術後5年経った場合でも、タモキシフェン単独になると子宮や卵巣に影響が出る場合はリュープリンを併用し、タモキシフェンの治療を続けられるのでしょうか。
再発が心配な為出来るだけ休薬したくありません。 ……【詳しく読む】タモキシフェンによる子宮内膜厚と卵巣腫大について

⇒ 更新内容はこちら。

 

Scroll Up