Site Overlay

7月9日(土)① 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

妊娠、授乳中のエコーと針生検後の授乳について   [管理番号:10425]
結果が出る2週間後まで針生検を行った胸での授乳は控えてくださいと言われました。
2週間も授乳できないとほぼ断乳になってしまうのではないかと精神的に不安定になっています。
そこで質問させてください。

1.針生検を行った後でも直母で授乳しても問題ないでしょうか。

2.二ヶ月の間にエコー写真のしこりの形が変化し、大きさも2倍になることがありえるのでしょうか。
この増大スピードだと悪性の場合、助からないのでは、と不安になっています。
<女性35歳> ……【詳しく読む】妊娠、授乳中のエコーと針生検後の授乳について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法   [管理番号:10424]
2015年10月に両側全摘。

ルミナールA、センチネルリンパ節生検により左にリンパ節転移がひとつあり郭清しています。

当時こちらのサイトを知らず、知識もなかったので
主治医の指示で両側&リンパ節転移のため
抗がん剤、放射線全て行い
現在アリミデツクス7年目服用中です。

今のところ
半年ごとの超音波、血液検査共異常はなく過ごしておりましたが、
甲状腺機能亢進症を発症し、
メルカゾールを服用することになり、
アリミデツクスの副作用に加えて骨粗鬆症のリスクが高まっている状態です。

主治医から再発リスクが高いのでアリミデツクスの10年服用は
必須と言われており中断を申しでましたが却下されました。

アリミデツクスを7年服用と10年服用では、
再発リスクにかなり差がでるのでしょうか?
■病名:乳がん術後7年
<女性61歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術前化学治療について   [管理番号:10423]
6月上旬に結果が出ましたが確定診断がつかず、ただ乳管癌の疑いありとのことで、大きい病院で詳しく調べた方が良いとなり、6月中旬に紹介先の病院を受診、6月末までに、エコー、マンモ、心電図、胸のしこりに針生検(CNB?)、わきのしこりに超音波ガイド下穿刺吸引細胞診、PET-CT、MRI、肺機能検査など一通りの検査を受け結果、左乳がん
→45mmのしこりあり、その他にもしこりが複数あり、左腋窩リンパ節転移あり、左鎖骨下リンパ節転移あり、複数の転移が考えられる、遠隔転移なし、ルミナール乳がん、Ki67高い、ステージ3と診断されました。

治療は、抗がん剤4ヶ月→手術→放射線、抗がん剤、ホルモン治療10年、分子標的薬2年とフルコースな治療内容で、先に抗がん剤をやるのは小さい細胞レベルで全身に広がっていると考えられるので、再発の芽を始めにたたくということでしたが、先生のコラムを読んで先に手術をした方が良いのじゃないかと悩んでいます。

術前と術後どちらで抗がん剤をしても効果は同じ、術前抗がん剤が効いて腫瘍が小さくなったとしても私の場合がんが広がっているので、結局乳房は全摘になると思いますし、私自身も全摘して再発のリスクはなるべく減らしたいと思っています。

ならば術前の抗がん剤治療で心身ともにダメージを受けて免疫力が下がった状態で手術を受けるよりも、まず手術で原発巣を取り除いてから抗がん剤で全身の治療をした方が良い気がするのですが、先生の見解をお聞かせください。

先に抗がん剤をして奏効した場合、取るリンパの数が減る可能性がある、予後が良い、術後の抗がん剤の効き目を確かめられる、手術を待つまでの間に遠隔転移をしてしまう場合もあるのでそれを止められる等、メリットもあるのでしょうか。
■病名:ルミナール乳がん、Ki67高い、ステージ3
<女性35歳> ……【詳しく読む】術前化学治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up