Site Overlay

11月15日(月)② 2件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

部分切除か全摘かで悩んでいます。   [管理番号:9866]
質問させていただきます。

(1) 主治医からは、再発リスクに関しては、部分切除+放射線治療をすれば、全摘した場合と確率は変わらないと言われました。
しかし、ガイドラインでは術前化学療法のデメリットとして「術後化学療法と比較して、温存乳房内再発率が若干高くなるとの報告もあります」と書かれているのを読みました。

これは、断端陽性だった場合の処置や、腫瘍縮小のパターンに見合った適切な処置が行われなかったことが原因によるものなのでしょうか。
もしそうであるとすると、局所再発のリスクの若干の差異は主治医の腕にかかっているということになりますか。

実際のところ、部分切除と比較すると、全摘の方が多少は再発リスクが少ないという事実はあるのでしょうか。

部分切除をした場合、実は乳房内に目に見えない癌が残っていて、放射線でも術後の化学治療でもその癌が消えなかったが故の局所再発は起こり得るのではないかと考えております。
全摘の方がそのリスクは回避できるのでしょうか。

局所再発を見つけた時点で全摘すれば良いのかもしれませんが、再発に気付かなかった時に次は転移リスクなども出てくるのではないかという不安もありますし、また抗がん剤などすることになるのは辛いです。
HER2陽性でグレード3という点も、部分切除で問題ないのか気がかりになる要素です。
■病名:右胸乳がん
<女性35歳> ……【詳しく読む】部分切除か全摘かで悩んでいます。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後治療について   [管理番号:8415]
2月(中旬)日に左胸温存手術、病理結果3月(下旬)日 腫瘍 17×15×11mm g(+)f(+)Ly1 V0
断端陰性 浸潤部25mm
乳管内進展1mm 核グレード2 センチネル0/2
ER+++ PgR+ HER2- Ki67 42.6% IMPC

術後治療について、Ki値が高いことでTC治療4クールと放射線、ホルモン剤ということです。
先生のおっしゃるオンコタイプDXの適応かと思いますが、取り扱いはCurebest95GCで、受けたとしてもリスク高で出るだろうとのこと。
母親と叔母も乳がん罹患があります。

先生のお話でIMPCだから特に治療を変えるということはない、怖がり過ぎないようにと読んだように思うのですが、
提案いただいた治療でこのまま進めてよいか、
相談例もかなり拝見しましたが冷静に判断できかねる状態で申し訳ないのですが投稿させていただきました。
■病名:浸潤性微小乳頭がん
<女性:53歳> ……【詳しく読む】術後治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up