Site Overlay

7月13日(火)② 3件の乳がんQ&Aを更新しました。(10、11日受付分)

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

治療にあまり前向きにはなれない   [管理番号:9562]
僕の婚約者の話です。

去年の9月に皮膚に浸潤して右胸に葉状腫瘍が発覚。

その前に自覚症状がなかったわけではないのが悔やまれます。

とても残せる状態ではなく、右胸を摘出、腋窩リンパ節の転移も手術中に判明し、
郭清しました。

僕が彼女と付き合い出したのもちょうどその頃です
それから治療をしていたのですが、年末に右肺に再発して当初は他に再発も見られなかったので右肺の殆どを切除する再手術をしました。

でもその後に次々と転移が見つかり、正直厳しい状態です。

骨盤転移、腰骨に転移した影響で完全に折れてしまい、ほぼ寝たきり状態、車椅子生活になってしまっていますし。

あまり治療の効果が見られないのもあり、本人の希望もあり実質治療は中止、自宅での静養になっています。
■病名:葉状腫瘍
■症状:再発、転移、脊椎近くの腰骨、骨盤、肝臓、右肺転移。右肺は3分の2切除 ……【詳しく読む】治療にあまり前向きにはなれない

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

先生のご意見をお願い致します   [管理番号:9561]
悪性の疑いが強くしこりの大きさも4.4cmと大きいので、大学病院への紹介状を書いてもらいすぐに受診、7月(上旬)日に乳がんと診断されました。

NG1(2+1)HG1(2+2+1)ER+1-3% PGR+1-3% HER 2 score1 MIB-1:5-10% 主治医の先生からはトリプルネガティブに近いルミナールAで難しいタイプと言われました。
また、リンパのエコーでも5箇所以上の転移があり、鎖骨下は浸潤がグレード3(うる覚えですが深い場所まであると)今現在でもステージIIIで今後厳しい戦いになると言われました。
診断の日にしたエコーでは腫瘍も5cmくらいあると。
実際、自覚症状でも鎖骨や肩甲骨あたりに
たまにチクチクした痛みがあったり、ここ数日は少し息がしづらいような食事を飲み込む際に少し違和感があるような感じがあります。
主治医の先生に前回の診察の際、鎖骨の痛みを伝えた所
「市販の物でも良いので痛み止めを飲んでください」と言われただけで、特に急いで何かをするという感じではありませんでした。

日に日に出てくる体の不調に不安が募るばかりですが、今月PET-ct、心臓超音波、MR造影、リンパの細胞診が終わったら8月2日に抗がん剤、これが最速の治療と言われました。

もちろん厳しい状態であるからとは思いますが、大学病院の主治医の先生は常にネガティブな感じで、こちらに寄り添ってくださる感じも無く絶望感でいっぱいです。

そこで田澤先生にお伺いしたいのですが、やはりこの治療方法でこのスピードで進めるのがベストなのでしょうか?
出来るなら田澤先生の病院へ転院し診ていただきたいですが、さらに時間がかかるとなると不安ですし、どうすれば良いか分からず、こちらに投稿させていただきました。
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり、鎖骨の痛み
<女性51歳> ……【詳しく読む】先生のご意見をお願い致します

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ 術前化学療法の治療効果判定が1a   [管理番号:9560]
わたしは先日、術前化学療法(EC+PTX)を経て全摘術をしました。

今後は放射線治療予定です。

術前の評価でも腫瘍はあまり縮小しておらず、術後の病理結果でも治療効果判定1aでした。

とてもショックでした。

トリプルネガティブで抗がん剤しか効かないのに、抗がん剤が効いていなかった…。

完全奏効しないと再発率が高いのは知っていましたが、核グレードも3、効果判定も低いわたしの結果では再発は
免れないのでは?微小転移しているところにも効いておらず転移するのでは?と不安で不安で仕方ありません。

やはり抗がん剤が効かないということは、再発率も高いのでしょうか?
完全奏効以外は効果判定が1でも2でも再発率は変わらないものなのか、1の方がリスクはやはり高いのでしょうか?
<女性40歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ 術前化学療法の治療効果判定が1A

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up