Site Overlay

12月12日(土)② 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

強い咳で、がん細胞が飛び散ることはありますか?   [管理番号:9048]
来週末に手術予定です。

今心配なのは
今年はブタクサアレルギーがひどく、
10月~11月は、ずっと強い咳が続きました。

咳で、がん細胞がリンパ節や全身に飛び散ることは考えられますか?
■病名:乳癌
<女性:45歳> ……【詳しく読む】強い咳で、がん細胞が飛び散ることはありますか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳のヒリヒリ感について   [管理番号:9047]
5年前位に乳腺症になり、経過観察中です。

2年前くらいに、乳頭からの分泌物が心配になり田澤先生にも診ていただきましたが、ガンではなく乳腺症の症状?というような診断をもらいました。

以前から乳房や乳首には時々痛みがあり、
でもそれは乳腺症の症状だから大丈夫と言われてはきたのですが、
先月の生理が始まる前くらいから現在(2週間経ちます)も左胸の乳輪の一部のあたり
ポツポツしたものの一部を触ったり押したりするとそのあたりがピリピリ、ヒリヒリするのと、
なにもしなくてもヒリヒリじわじわ痛みや違和感があります。

今までに覚えのないヒリヒリ感なので不安です。

これも乳腺症の症状なのでしょうか。
■病名:乳腺症
■症状:乳房のヒリヒリ感
<女性:41歳> ……【詳しく読む】乳のヒリヒリ感について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ステージ4 腋窩リンパ節と鎖骨上の転移について   [管理番号:4560]
ガンを取り除く手術をする予定でしたが、直前のエコーで、鎖骨上まで広がっていることがわかる。
手術を中止し、初めての抗がん剤EC療法へ。
3回目と6回目の抗がん剤投与直前のエコー検査では、腫瘍は小さくなっていることが判明。
左腋窩は現在9㎜・6㎜・5㎜・5㎜・6㎜、
左鎖骨上は4㎜と3㎜。
主治医としては、今後、腫瘍の様子を見ながら、薬の種類がたくさんあるホルモン療法を行うのが良いだろうとのことでした。
<女性:48歳> ……【詳しく読む】ステージ4 腋窩リンパ節と鎖骨上の転移について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療方針について   [管理番号:4543]
両側浸潤性小葉ガンで、一ヶ月位前に両方全摘手術をして、右リンパ郭清、同時再建でシリコンも入れました。
細胞が小さいため、細胞診でもPETでもリンパや胸もガン細胞は確認する事が出来ず、生検で両方見つかりました。
担当医には左はリンパに転移していないから無視して、右はリンパ転移の数が多く全身にガン細胞がまわっている可能性が高いと言われて、抗がん剤AC療法+タキソテールの後、放射線とホルモン治療ノルバデックス10年と言われました。
<女性:48歳> ……【詳しく読む】手術後の治療方針について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up