Site Overlay

12月20日(金)① 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

治療後の妊娠出産について   [管理番号:7782]
2017年8月から3ヶ月に1回のゾラデックス注射加え、毎日のノルバデックスを服用しており、今年の9月でまる2年を迎えました。

検査については、3ヶ月に1回薬の処方の時に主治医の元で血液検査をし、半年に1回のエコー、年に1回のマンモグラフィ、たまにこちらが心配になったりすればその都度CTやMRIを追加してくれます。

罹患当時は結婚の予定もなかったのでもくもくと治療を続けていたのですが、今年の5月に結婚して少しだけ妊娠出産のことを考えるようになりました。
夫婦とも術後の治療を優先で、無理に子どもが欲しいとは思っておらず、もし、出来ればいいなと言った感じなのですが、一応家族や周りの勧めもあり、主治医も背中を押してくれたので、2年間の治療を終えた後、一旦休薬して、2年間だけ妊活をしようということになりました。
2年間中に出来なかった場合、また残りの3年(又は8年)の
ホルモン療法に戻るといったような計画です。

また、私は、罹患時に遺伝子検査を受けており、BRCA2遺伝子は陰性でしたが、BRCA1が未確定遺伝子といった診断を受けました。
(陽性でもないが、陰性とも言い切れない、現代の医学では分からない遺伝子という結果が来ました。)そいった判定を受けた人間が周りにはいないため、いつもそこを心配してしまいます。

妊活のために2年間無治療期間に入りますが、その未確定遺伝子についていつも考えてしまいます…。

私のような状況の場合でもこれから妊活しても大丈夫でしょうか。
■病名:乳癌
<女性:39歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

母の病状について   [管理番号:7211]
母の乳がん病状及び治療方針について、よろしくお願いします。

2019年1月末に左乳がん、腋高リンパ節転移、鎖骨下リンパ節転移と診断されました。

針生検、CT、PET-CT等の結果(2月上旬時点)
・胸の腫瘤の大きさ: 16㎜、11㎜
・腋高に複数リンパ節腫大、鎖骨下に周囲組織と、境界不明瞭な5cmのリンパ節転移
・遠隔転移は認めず
・細胞の顔つき: 2
・ホルモン感受性: 弱い
・HER2: 2+(→精密検査後:陰性 1.2)
・Ki67: 40-50% 高い
ホルモン感受性の低い、活発なタイプの乳がんです。

術前治療(腫瘍を小さくして手術を行える様にする)
・ホルモン療法: 少し効果があるかもしれない
・化学療法: 術前に行う 中心静脈ポート留置
①タキサン系: 3ヶ月
②EC: 4回 3ヶ月
・放射線治療: 手術を施工した場合に予定

主治医の先生曰く、鎖骨下の腫瘤が大きく手術が出来ない状態なので、
抗ガン剤治療で腫瘍を小さくなったら手術をする、との事です。

2/(下旬)に1回目のパクリタキセルの投与が始まり、今後週1回ペースだそうです。

昨日、2回目の投与の際に鎖骨下腫瘍が更に1cm大きくなっていたそうで、大変心配しております。
■病名:乳がん
<女性:72歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術の治療について   [管理番号:8150]
【術後の病理結果】
浸潤性癌 非特殊型WHO I I級
腫瘍 2mm
リンパ移転なし 0/14、0/3
ER 40%+
PR 90%+
CerbB2(B) 1+
Ki67 10%+
CK5-
P63-
SMA 部分+
AR+
P53-
IV +/-

主治医は病理結果は凄く悪くはないけど36歳という若さと再発した点からしたらハイリスクなので抗がん剤打った方が良いかもしれませんと言ってました。
治療方針として抗がん剤治療→放射線治療→ホルモン治療を勧められましたが、抗がん剤やるかやらないかは自分で決めて下さいと言われました。

別の腫瘍科先生にも若いので抗がん剤治療必要ですねと言われました。

先生のQ&Aを読んでいて、私のサブタイプはルミナールA(自己判断)なので抗がん剤の効果が期待出来ないのではないか?腫瘍2mmでは抗がん剤治療不要ではないか?と思いますが、一回再発したので再再発するのが怖いし(二人の先生に次再発したら終わりますよと言われました。)また三人の先生に若いのでハイリスクだよと言われ、抗がん剤やるべきかなと動揺してしまいました。

先生なら抗がん剤をすすめますか?
若さは治療方針を左右しますでしょうか?
■病名:浸潤性乳癌
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up