乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ハーセプチン   [管理番号:7418] 
腫瘍径1・5cm浸潤
脈、リンパ菅浸潤なし
ホルモン陰性のHER2+3
リンパ節転移なし

病理結果が出ました。
主治医はタキソールとハーセプチンで行きましょう!と1週間に一度を12回してから3週間に一度のハーセプチンを単独で!と言われますがこの治療方針でどのくらい再発率をおさえますか?また、パージェッタはしなくていいですか?
■病名:右乳癌
<女性:63歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

誤診   [管理番号:7417] 
左右に腫瘍があり、某大きな乳腺外来の病院に一年おきにエコーして頂いています。

幸い良性となっておりますが、一昨年、右下に観察している腫瘍とは別の固いしこりが感じられ、その事を担当医にお話して触診、エコーも見て頂きましたが、分からなかったようで結局なんだろう?と言われたまま診察が終わってしまいました。
腕を上げると、あばら骨の間に入ってしまうようなしこりでした。

昨年は担当医が忙しいとの事で、別の少し若い先生にエコーを見て頂きました。
その際は右下のしこりの事は言うのを忘れ、先生も一通り全体のエコーを見て変化なし、
との判断でした。

しかし昨日ひょんな事から右乳房に触れると、その肋の間のしこりがもっと固く、大きくなっているように感じました。
不安で本日なんとか乳腺外来の診察に行こうと考えていますが、大きな病院の有名な担当医が二人も、エコー診察であばらの間の、異物を見落とす事があるのでしようか?
半年前でも見付からないで大きくなる事はあるのでしょうか。
大変に不安で今日は、眠れませんでした。
しこりは固くて動かず、とても不安です。
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。