乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

浸潤性乳管癌の治療について   [管理番号:7380] 
3月に浸潤性乳管癌と診断されました。

ER 強陽性
pgr 強陽性
Her2 2+ FISH法により陽性
ki67 50%
グレード3
大きさ 2.5cm
リンパ(-) ステージ2

4月より術前抗がん剤をはじめています。

weeklyパクリタキセル+ハーセプチンを12回の予定で、今は8回終了しています。
その後は、ACを4回予定しています。
術前抗がん剤をしていますが、全摘します。
全摘については、私も同意しております。
田澤先生のQ &Aを拝見してますと、術前抗がん剤は全摘する私にはどうなのかと疑問がでてきました。
それから、TCの方がACよりも効果があるように理解してますが、どうなのでしょうか?たまたま抗がん剤治療中に化学療法室の薬剤師に質問したところ、この病院ではweeklyパクリタキセル+ハーセプチンで治療した場合は次はACとなっているとききました。
治療に疑問がでてきたので、先生のご意見をお願いします。
もし先生の病院に移る場合はどのタイミングがいいでしょうか?
■病名:左浸潤性乳管癌
<女性:57歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。