乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

全身がんという考えについて   [管理番号:7011] 
今、マンモグラフィで引っかかり、生検待ちの者です。
よろしくお願いします。

私の場合は、集ぞく性石灰化で、がんだとしても早期とは思っていますが、最近は、
がんの性質により、早期だとしても全身にとびちっていると考えられている、という情報を複数見ました。

先生は非浸潤がんなどの早期であれば、無治療という過去に回答も行なっていますが、早期に飛散しているかもしれない全身がんという考えについて、まさしくそうだと思われますか?微細なうちに抗がん剤をすれば、再発や転移の心配もないのかとおもうのですが、不要だと思いますか?
■症状:石灰化
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の脇のひきつれ   [管理番号:7042] 
先週金曜日、脇の下の良性腫瘍手術を田澤先生にして頂きました。

手術も、スムーズでしたし
痛みもほとんどありませんでした。

処方して頂いた鎮痛剤も
当日と翌日朝、飲んだだけです。

月曜日から、ヨガに行けるくらい回復しました。

先生に執刀して頂き、本当に感謝しています。

ありがとうございました。

まだ術後5日めということもありますが、
痛みは全く、腕も自由に回せますが
脇に何かはさんでいるような感覚とひきつれを感じます。

この違和感は自然治癒しますか?
それとも、何となくいつまでも残るでしょうか?
何か、リハビリのような動きをした方が良いですか?
■病名:顆粒細胞腫 摘出手術
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。