乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後病理結果について治療方針   [管理番号:6787] 
乳癌と診断され、8月(下旬)日過ぎに手術しました。
CT,MR後、癌が1.7ミリリンパ節に
転移なしとなり、広がりもそんなになく、
部分切除の温存手術になりました。
しかし、病理結果が出まして、癌が2センチでステージ2、
非浸潤部の広がりがあり、大きく切断したものの、切除断片が陽性で取りきれてない癌があるとの事で、主治医から、
①日帰りの追加切除後放射線治療とホルモン療法(10月予定)
②手術はしないで放射線治療とホルモン療法
③全摘手術(10月予定)
と3つ方針の中から決めなければなりません。
どの方法が最善なのかかなり迷っています。

ER99%、PgR99%、HER2 無 1+
ki61 30%
核グレード2
です。

日帰り手術は局部麻酔の為、自分の精神状態が不安もありますし、全摘にしても8月に手術したばかりでまたすぐ全摘手術して体が大丈夫なのかなどいろいろ不安もあります。

放射線治療なら、すぐに始められるので癌の進行度もおさえられるのかと思ってみたり、この際に全摘した方が今後の為にも良いかなとも思ってみたり悩み中です。

アドバイス何卒よろしくお願い致します。
■病名:乳癌(硬癌)
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌、病理組織検査の結果   [管理番号:6841] 
病理組織所見
CNB 15mm、15mm
検体適正
組織学的に2本の組織片では、線維性結合組織を背景にして腺管形成や
索状配列を示し増殖するcarcinomaを認めます。
p63およびCK5/6の免疫
組織化学的検索により、
浸潤癌の所見が確認され、浸潤性乳管癌に合致し、硬癌を考える組織像。

核グレード分類:nuclear grade 1
核異型スコア2
核分裂像スコア1
と記載されています。

また、HER2 判定結果1+
PR判定結果50%
ER判定結果90%という報告書を頂きました。

これらの説明を教えて頂きたく思います。

検査を受けました病院の医師からはほとんど説明もなく紹介状書くからあとはそっちで…的な感じでありましたので不安です。

母が沈んでおりますので、支えながら助けてあげたいのです。

悪性度が強く、予後や転移など不安です。
■病名:右乳線腫瘤、浸潤性乳癌癌
<女性:61歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんと診断されました   [管理番号:6872] 
心配だったので、再度、別の曜日の女医さんに診てもらったところ、院長の診断でおそらく大丈夫と思うと、図鑑などを見せられて説明されました。

エコーをしないのか聞いたところ、またエコー代もかかるので院長のエコーを見るので大丈夫と言われました。

一応生検をお願いできないか聞いたところ、大きい病院を紹介はできるけれど、同じように経過観察と言われることもあるから、3ヶ月の経過観察で良いと言われました。

その時に江戸川病院での受診も考えたのですが、初診でも同じ期間待つことになるのではと思い、同じところを受診することにしました。

9月に入り、またその乳腺外科の女医さんに診察してもらったところ、
エコーの形が前よりも良くないので、大きいところで生検してもらった方がよいとなりました。
■病名:乳がん
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。