乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

脈管侵入の予後や転移について   [管理番号:6765] 
右胸の乳がんの手術を先日受けました。

病理解剖の結果と予後についてご意見下さい。

術前の針生検にて
浸潤性乳管癌
ER(+)、Pgr(+)、HER2 陰性、Ki67 10%
だったのですが、
術後の病理検査で
ER(+)、Pgr(+)、
HER2→偽陽性反応がでて、追加検査ののち1.2で陰性
Ki67 30%、悪性度グレード3、リンパ転移なし
脈管侵入 静脈に1つ挟まっていた。

ステージ1期の初期との結果でした。

治療としては、ホルモン療法は絶対。

抗ガン剤はグレーゾーンの為、オンコDXを勧められましたが、金銭的な面と数パーセントでも上乗せ効果があるなら受たいという気持ちからホルモン療法と抗ガン剤 TC療法予定です。

不安要素としては、
Ki67 の30%という事、グレード3、脈管侵入有り。
この3点です。

特に脈管侵入有りが不安で、血液にのってグレード3のガン成分が体に流れているのではないかと思うと不安で仕方ありません。

私自身が現在肥満体型で、BMIによる計算だと肥満度1の為、1日1500カロリー程度の食事制限と1時間の運動を心がけているのですが、①この全体の予後、再発というのはどのぐらいあるのでしょうか?
高いのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性:39歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

 
 

Q&Aコーナーで質問をした方へ。

可能な方は、その後の【結果(経過)】をおしらせください。
【結果】のご案内ページはこちらをクリックしてください。