乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

予後について不安でたまりません   [管理番号:6767] 
非浸潤癌ということで全摘をしました。

結果は浸潤がみつかり。

5㎜がありました。

kiが25から40と場所によりばらつきがあり、高く。

ホルモンレセプターもERは10%陽性
pgRは境界域で10%以下のようです。

ホルモン剤はしますが、
抗がん剤はしないということです。

何点か教えてください。

1、わたしのはルミナールBですよね?
ルミナールBは抗がん剤しない場合、
ルミナールAより再発率たかいのですか?

2、抗がん剤しなくて大丈夫なのでしょうか?
先生のご経験的にホルモン剤だけで、
5㎜の場合再発率はどのくらいになりますか?

3、オンコタイプをして、高リスクなら抗がん剤をしたほうがいいのですか?
■病名:乳がん
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術前に行ったリュープリン注射について   [管理番号:6766] 
今年2月より子宮筋腫の手術を受けるため、リュープリン注射 3.75mlを計6回打ちました。

その途中の6月に人間ドックにて乳がんの疑いがあり、7月に生検により確定し、8月に手術を受けました。

病理結果
組織型 硬がん
浸潤径 11㎜ × 8㎜
リンパ節転移 -
核異形度 1
組織異形度 1
リンパ管侵襲 なし
ki67 3%
プロゲステロン 50%
エストロゲン 100%
HER2 0
断端 陰性

①乳がんが発覚する前にリュープリンを打ったので、リュープリンを打たなかった場合の腫瘤の大きさはわからずじまいです。

乳腺外科の医師も婦人科の医師もリュープリンのおかげで小さくなったのではとおっしゃってます。

そうしますと実際にはステージは上がると考えたほうがいいでしょうか。
■病名:硬がん
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。