乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の治療について   [管理番号:6226] 
76歳になる母についての相談です。

術後の病理の結果
・リンパ節転移 転移あり
・多臓器転移 なし(手術前検査)
・HER2 3+
・しこりの大きさ 2cm

先週右胸の全摘手術を受け、センチネルリンパ節生検でもリンパへの転移は無いとのことで無事先日退院いたしましたが、
本日手術後初めての診察でセンチネルリンパ節生検で摘出したリンパ節に1.5ミリの癌が見つかったとお話しがありました。

今後の治療方針として、抗がん剤を3週間に一度×4回
ハーセプチンを1年間 ホルモン療法を5年間 と提示を受けましたが
高齢のため、抗がん剤での治療は患者本人の意思次第だと言われました。

母親は心臓があまり強い方ではなく、またその他の副作用諸々を考えると抗がん剤での治療はためらわれます。

手術後の病理検査の結果はまだ出ておりませんが、今回脇のリンパ節への転移が見付かったことで
抗がん剤使用も含めて予後について不安と心配いっぱいでです。
(遠隔転移など)
<女性:76歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗ガン剤の必要性について   [管理番号:4601] 
皮下乳腺全摘のオペをしました。

結果が病理検査の結果を一部教えていただきました。

腫瘍2.5×2.5
グレード2
Ki67. 20%
ホルモン受容体 ER 90%. Prg80%
リンパ節転移 2mm以下の微小転移2個
リンパ節廓清済み

今後の治療法として抗ガン剤の使用を勧められています。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳がんの抗がん剤の選択   [管理番号:5487] 
主治医は、抗がん剤の副作用があまりにも
辛そうであれば途中、減薬したり中止することも考えているとはおっしゃいました。

私としては母には抗がん剤の副作用が命に関わるような状態で無ければ抗がん剤を何とか減薬中止などせず乗り切ってもらいたいと思いますが先生はどう思われますか?
そのような減薬や中止するような場合とはどのような状況なのでしょうか?
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳   [管理番号:6231] 
授乳の乳癌リスクの予防についてですが、授乳していると乳癌リスクを下げると聞きますが
授乳していても、月経が再開してしまった場合は授乳中でも乳癌リスクを下げるという事にはならないのでしょうか?
よくネットの記事で月経が来ない事に意味があるとあったので、、
子供が一歳半になったのでそろそろ卒乳を考えましたが月経再開しても授乳していれば少しでも乳癌リスクを下げるなら無理に卒乳させずもう少し授乳しようかと悩んでます。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。