Site Overlay

乳癌手術のブログ 2020/12/1

今日も天気がいい。 何よりです。

東京に来て、6年あまりになりましたが「冬の天気がいい」ことが何よりですね。

新潟は(冬は特に)天気が悪いし、仙台はとにかく寒い!

梅雨から夏場の湿気や暑さはこたえますが…

 

今日退院のnayk さん。

吐き気もなくて何より。

家でおでんがお迎えしてくれると思いきや、育ち盛りの男の子?がそれを許してはくれなさそうだとのこと。

静岡の黒おでん、ちょっと気になります。

 

「早期発見促進委員会」に投稿してみることにしました。(小出しで)

本日のところは以下

早期発見

乳腺外科医として「早期発見」の重要性を人一倍理解しているつもりです。

長年診療していると、早期患者さんの予後が極めていいことは肌感覚としてあります。

しかし、巷には残念な診療が溢れています。

「乳○プ○ザ」というブログをやっているお陰で、そのような事例を目にする機会が多いのです。

 

  1. 小さいから
  2. 自分の手技に自信がないから
  3. (そもそも)診断手技を持っていない!

 

今、思いつくだけでも上記3つの問題点が浮かびます。

次回は、それぞれについて投稿したいと思います。

Scroll Up