Site Overlay

2020/8/10 乳癌手術のブログ 夢の微笑み

今日は「山の日」

日本の山と言えば「富士山🗻」

きっと、その方面の方達には喜びも一塩?のことでしょう。

私はというと、祝日は仕事が捗るので(🗻は見えないながら)ご機嫌です。

 

それにしても今朝は(夜明け前なのに)暑かった(湿度も高かった!)。走った後の汗半端ない。

 

TARTHEREDGEデビュー(梅雨明後です)して1週間。

未だに評価は保留中。

TARTHERZEAL6とは「ガラリ」とテイストが異なるのは走り出した直後に分かった。

「重さ」というよりは、その「囲まれ感(硬さと言い換えてもいい)」が最初は気になったけど、明らかに踵のクッションはいい。今は『このテイストはこれでいいかな。』ただ、「絶対これだね!」と言う程ものでもない。(厳しいね)

ある程度、自分なりの評価が固まったら(TARTHERZEAL6の新品も買ったので)比較してみます!(そんなサイトでは無かった)

 

今、TOKYO  FMでは 「SUMMER SONG REQUEST」やってます。

私のNo1 SUMMER SONGは、「夏の日の1993」いつ聴いてもざわざわします。(歌詞の内容は、いかにもバブル的で何かと物議があるようですが、メロディーが心の琴線に触れます。

 

 

 

今日は祝日。

多くの人が昼間っからビールを飲むことでしょう(お前と一緒にするな (笑)

そんな休日の午後にビールを飲みながら、語る夢は何とも軽快じゃ。

 

 

サミ

 

私は、神奈○県川○市在住です。

自宅から江○川病院まで最寄り駅から電車〜錦○町で乗り換え〜○岩駅〜バスで、1時間30分から、2時間程です。

抗がん剤の時は、自信無いので、主人が都内でほぼ仕事してるので、仕事休んでもらったり仕事ついでに江○川病院に車で送迎して貰ってました。甘えてます💦

私が江〇川病院に来させていただいた理由は、やはり大学病院の主治医への不信感です。あと、誰に手術受けるかわからない、会ったこともない先生の執刀、恐怖でしかありません。

でも言っておきます、その大学病院は、素晴らしい病院です。
うちの息子は、そこの小○科で命を助けてもらい、今でも通っています。
息子の先生には感謝しかありません!
でもそこの乳腺外科の私の元主治医が…
省きますが、とにかく色々ありました。

とにかく、病院というか、要は主治医です!

その前にネットで調べまくって、乳がんプラザとの出会い、一人の先生が、診察、検査、手術、手術後の手当、その後の診察を行っている病院!!
えー!こんな先生、いらっしゃったのだ〜😳
そして田○先生へいきなり助けて下さいの質問メール😅
その後、手術申し込みメールもせずに、水曜日にまたまたいきなり予約外で江○川病院に行き「管理番号○番です」と言って診察して頂き、手術の予約をしたときには、ホオ〜〜ッと、しました😅
それから大学病院には、「千○県の叔母の紹介で転院してしばらく叔母の家から通います」と言って、紹介状書いて貰いました(千○に叔母は居ますが紹介は嘘です笑)が、その時、「うちで切ってきゃいいじゃん」(いつもこの話し方🤔)と言われましたが、江〇川病院の名前を出した途端に、「あー江○川病院ね、オッケーオッケー」と、二つ返事で書いて貰いました。あらら簡単😦

それからずっとお世話になっています。
私が手術後の抗がん剤を拒否った為に?! あちこち隠れていた癌が芽を出して、残念ながら一度局所再発しています。
これからは言われた事を守り、また、お世話になります。よろしくお願いいたします!!

 

Scroll Up