Site Overlay

掲示板 2020年8月6日(木)

フリーコメントを投稿してください。
ニックネーム欄は本名禁止です。記載したくない方は「匿名」と入力してください。
投稿は内容を確認後に公開されます。(リアルタイム更新ではありません。)

下記は掲載されません。
【NG】乳がん治療(手術・放射線・抗癌剤)や症状に関すること、治療体験談は掲載されません。

初めて投稿する方は下記リンクをご覧ください。
掲示板について

*このページはQ&Aコーナーではありません。
田澤先生への質問は下記リンクからお願いします。
「乳がんQ&A」




このページは過去日です。閲覧、返信のみできます。
新規投稿は、こちらをクリック し最新の日付からお願いします。


・8月13日 13:35 すいーとぽてこ【返信】水玉 ( 08:21投稿 ) >読む
・8月13日 08:21 水玉【返信】すいーとぽてこ ( 11:26投稿 ) >読む
・8月12日 12:45 nayk🗻【返信】水玉 ( 18:03投稿 ) >読む
・8月12日 09:57 スナフキン【返信】水玉 ( 18:03投稿 ) >読む
・8月9日 23:13 ねね👢【返信】ふ○○○○み ( 19:16投稿 ) >読む
・8月8日 19:16 ふ○○○○み【返信】ねね👢 ( 17:03投稿 ) >読む
・8月8日 18:03 水玉【返信】江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 ( 07:03投稿 ) >読む
・8月7日 22:12 ふじりんご🍎【返信】江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 ( 07:03投稿 ) >読む
・8月7日 15:36 okei【返信】ブラック太郎 ( 00:16投稿 ) >読む
・8月7日 15:13 nayk🗻【返信】すずらん ( 14:43投稿 ) >読む
・8月7日 14:43 すずらん【返信】nayk🗻 ( 10:24投稿 ) >読む
・8月7日 11:26 すいーとぽてこ【返信】ブラック太郎 ( 00:16投稿 ) >読む
・8月7日 10:24 nayk🗻【返信】optimist ( 23:38投稿 ) >読む
・8月7日 06:54 たつのおとしご【返信】江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 ( 07:03投稿 ) >読む
・23:38 optimist >読む
・23:14 すずらん【返信】すずらん ( 16:19投稿 ) >読む
・19:10 ライフバード【返信】江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 ( 07:03投稿 ) >読む
・18:01 okei【返信】江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 ( 07:03投稿 ) >読む
・17:03 ねね👢 >読む
・16:19 すずらん >読む
・14:59 ねね👢【返信】nayk🗻 ( 14:17投稿 ) >読む
・14:17 nayk🗻【返信】江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 ( 07:03投稿 ) >読む
・14:06 あおっち【返信】ブラック太郎 ( 00:16投稿 ) >読む
・09:57 スナフキン >読む
・08:57 ふーちゃん2626 >読む
・07:03 江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 >読む
・00:16 ブラック太郎 >読む

コメントを残す

コメント、ニックネームを入力し、同意事項にチェックを入れてください。


添付可能ファイル:jpg、jpeg、png、gif、pdf ファイルは1枚のみ(複数枚の場合、別々で送信してください。こちらで1コメントに編集します。) 最大添付ファイル: 5 MB.

27 件 “掲示板 2020年8月6日(木)

      1. nayk🗻さん

        いつもありがとうございます🙏
        naykさんには、いつもたくさんのパワー✨をいただいてばかりです。
        本当にありがとう💕

        アメトークを観て笑ってちょ😉

        更年期症状ならいつでも相談にのるっちゃ(笑)

        1. すずらん様
          こんにちは😃
          猛獣nayk🗻です😁

          ワタクシのしょーもない投稿で元気になっていただけているならワタクシ幸せでございました✨こちらこそ、すずらん様の投稿で楽しませております😊いつもありがとうございます😆

          これから益々更年期に突入していって
          ん?ん?
          どよーん💦
          という日々がやってくるかもしれません。そんな時、みなさんに聞いてもらいながら元気に乗り越えていきたいと思います🎵
          ただ今マンボウヤシロを観ております😊
          しょっぱな、ヤバイ薬やってそうな芸人て呼ばれた所で、お茶吹き出しました😁

  1. うーしかつ さま
    ふ○○○○みさま

    遠スレ投稿お疲れさまでした(*^^)v
    拝読させていただきました。

    遠方の私にはわからない、プチ遠方の方々だからこその情報の数々、素晴らしい!!さすがです!!
    私がプチ遠方なら、参考になる情報ばかりで、助かりました。

    遠方よりプチ遠方の悩める方々の方が断然多く、情報もほしいはず…プチ遠方投稿が増えるといいですね。

    遠スレ投稿読み返し…
    どの方も”乳がんプラザとの出会い”から救われてるということ…
    あらためて田〇先生のすごさを実感し”乳がんプラザ”の影響力はんぱないなぁ~ってつくづく思いました。乳プラ改変に期待します!!(*^▽^*)

    1. ふ○○○○み says:

      ねね様、こんにちは。
      う…嬉しい…
      ねね様に、ねぎらいの御言葉をいただけるなんて、か!感激です(T^T)
      ありがとうございます✨

      1. ふ○○○○みさん
        またまた返信すみません。感激だなんて、こちらこそ嬉しいです🎵😍🎵

        うーしかつ さんが、パーキング🅿️🚗の件、返信されていましたね。遠方の私にはわからない、プチ遠方だからこその情報!実際に返信いただくと、役にたった実感があり、ほんと嬉しいですよね、良かったですね( ´∀`)/

  2. 本日の田澤先生の掲示板を拝見して…。
    管理番号:8790」さんは
    乳プラで勉強され、田澤先生のお考えを熟知されてらっしゃっるけれど
    『ステージダウン』という摩訶不思議な言葉に戸惑い、警鐘をされたんだと思います。

    『ステージダウン』
    術前化学療法でこんなことが起き、またそれを発言する医師がいらしたのだとしたら…本当に恐ろしい事です。
    医師不信になります。
    どんな医師も神様のように思った時代は終わったのでしょうか?
    (私はもう既に、田澤先生しか信じられませんが)
    患者は勉強し賢くなり自分の身は自分で守る時代になったのですね。

    『ステージダウン』
    布にシミ(腫瘍)がつき、漂白剤(抗がん剤)で、シミが取れたとします。
    一見、元の綺麗な布に戻ったようにみえますが
    時間が経つにつれて、シミの部分が黄ばみ…そこから黄ばみが広がる。
    そんな想像をしたら怖くないですか⁉︎

    術前化学療法で
    『ステージダウン』
    決して惑わされないで下さい‼︎
    とても怖い言葉です‼︎

    どうか皆さんが、とんでもない医師、治療から
    自分を守るべき本質を見抜く知識を得る事ができますように…

    “乳プラ改変”に期待が漲ってきます。

    改めて、田澤先生に手術をしていただけて…
    定期検診でエコーもしていただけて…
    安心をたくさんいただけて…
    本当に幸せです。
    この幸せを一人でも多くの方と分かち合いたいです。

  3. スナフキン says:

    8/6の先生のブログより・・・
    >ある大学病院の医師『骨転移があるのに手術したの?』

    と、患者さんが言われたらしい。

    皆さん、どう思いますか?

    遠隔転移があると手術しない(しても意味がない)って、どう思いますか?

    管理番号8572さんの切実な状況『現在最も困るのが「腫瘍の痛みと(皮膚潰瘍による)浸出液」』

    どんなに、遠隔転移がコントロールされても、(乳癌の手術をしなければ)上記のような状況になるリスクがあります。

    因みにリンパ節転移は(手術しなければ)腕がパンパンとなりこれも非常に大変です。

    その大学病院の医師は、その患者さんの立場に立てないのか?

    『あー大変そうですね。ガーゼを1日2回交換してください。』

    それでいいのか? 自分がもしも(そうなったら)手術しておけば良かったとは思わない自信でもあるのか?

    〇澤先生へ
    私は、〇澤先生に気持ちごとまるっと救って頂きましたよ。
    正に上記のような状態で。
    なので、先生のお考え(術前抗がん剤に潜むリスク(局所再発)を私が強調しすぎだと思いますか?)には首を横に振ります。
    先生の信念を貫くことが、多くの患者を救うこととなると思います。
    縦割り組織の学会で強く実態を発表されてもかき消されてしまうのでしょうが、負けずに色々な角度から発信し続けていただけたらなぁと陰ながら応援しております。
    先生のような乳腺外科医が一人でも増えていかれますように。

  4. ふーちゃん2626 says:

    おはよーございます☀
    今朝はセミに起こされました💦
    実家の寝室のシャッターから…
    “早く起きろ!!(シャーシャーシャーシャー!!) 田〇先生はもうQAやブログ…忙しく仕事されてるぞ!!(シャーシャーシャーシャー!!)”…と💦💦(※此方もクマゼミなので”ミーンミンミンミン…”ではなく”シャーシャーシャーシャー”)。
    朝の食卓では父とセミの話題。
    「セミも…もうちょっと”省エネモード”で鳴いたら…もうちょっと長生きできるかもしれないのにね(笑)」(※8/5付ブログから拝借💦🙇)…父も苦笑い。
    いや、短いからこそ精一杯生きる…。DJ.Tの仰る通りだ…と♡

    石田三成(当時は小姓)ですね。
    鷹狩から帰った秀吉に…一杯目はぬるめのお茶をたっぷり。
    飲み干した秀吉はお代わりを所望。二杯目は少し小さめのお椀にやや熱めのお茶を。美味しかったんでしょうね、再度お代わり。三杯目は小さなお椀に熱々のお茶を少量。
    その気配りに惚れた秀吉が三成を家来として召し抱えることに。
    …有名過ぎる逸話。

    先生の「掲示板」への熱いメッセージ…
    拝読いたしますね👀

  5. 江戸川病院乳腺センター長 田澤篤 says:

    みなさん。こんにちは。
    今日は、こちらから失礼します。

    今朝もQAの回答していましたが、意見(あくまでも「私見」です)を書きたくなりました。
    忌憚(ワープロって便利ですね。書ける人っています?)のないご意見をおまちしております。

    2020年08月04日3 『術前に抗がん剤をすることで(冒頭に記載したような)結果として不完全な手術となり、局所再発のリスクを高めるとしたら…』を回答していて…

    術前抗がん剤に潜むリスク(局所再発)を私が強調しすぎだと思いますか?
    江戸川病院に来るまでなら、「そこまで心配するー?」と私自身思っていたかもしれません。(それくらい、腋窩リンパ節再発は珍しいことでした)
    ただ、そのQAにも記載したように非常に目立つのです。
    コラムなどによる効果だと思うし、(当院で手術したことが)「terning pointだった。」と感じることもしばしばあります。
    腋窩鎖骨下再発の手術って、やったことがある乳腺外科医って本当に少ないと思うし、(私に課せられた)使命とさえ最近は(少しだけ)思ったりしています。
    腋窩鎖骨下再発が増えているのか?(それとも)プラザのおかげで集まっているだけなのか?(おそらく、その両方)だとは思いますが、増えているとしたら「術前抗がん剤と、(それに伴う)郭清レベルの低下」があると思っています。
    リンパ節転移があると、『転移があるから、術前に抗がん剤しましょう』という医師は、郭清手技そのものが不完全となり、(術前抗がん剤で)たまたま転移消失していればいいけれど、(その後に行う下手な郭清手技で)残存を許してしまい、それが(後の)腋窩再発に繋がっているのでは?
    そして、それらの医師は腋窩再発した際に患者さんに『再発では手術はできません。(無駄と言うよりは、そんな手術したこともありません)』再発には抗がん剤しかありません。ということになるのです。
    これって、考えるととても恐ろしいことだと思いませんか?
    その医師がきちんと手術していれば再発無で過ごしていた患者さんの運命が捻じ曲げられているわけです。

    1. 先生に返信
      失礼します。

      乳がんプラザにたどり着いた人は、ラッキーですよね。
      本来必要ない術前抗がん剤の、ありとあらゆるリスクを知り、するべき腋窩郭清とレベル3までの手術の必要を知る事が出来ます。これ、すごく大切な事ですよね。
      (先生は初発の段階では滅多にないとは仰るものの)初発、再発に関わらず遠隔転移があったとしても、QOLの為に手術という選択肢がある事を知ることが出来ます。
      正しい知識を得る事ができます。これは、本当に感謝すべき事です。
      私は乳がんプラザを見ていたので、前医で提案された治療、手術の方針に正に衝撃を受けたワケですが、(ホントに言うんだコレ!みたいな)知らなかったら受け入れてしまっていたかもしれませんね。
      結果として私は抗がん剤も効いたという結果でしたので、よかったのかもしれませんが、そうでなくて術前抗がん剤を受けていたら、手術不能に追い込まれていたのかもしれない。と思うと、恐ろしくて震えてきます。

      私はいつも、先生は患者1人ひとりの状態にベストを尽くして下さっていると感じています。
      それこそ、家族を治療するかの様に、1人ひとりの為に今出来るベストな治療をして下さっていると思います。
      浸潤液が漏れてきたらどうなるか?
      局所再発だけなら根治もあるのだから難しくとも手術する。
      こういった、患者の側に立って下さるドクターです。

      今週のコラム 173回目 レベルⅢ郭清はレベルⅡまで郭清するのに加え(慣れている私でさえ)「+15分」を要しますが、(この操作が大変なのは)術者だけであり、患者さんの負担(痛みや可動域、浮腫のriskなど)とは全く無関係なのです。
      このコラム、私は感動したのです。大変なのは術者だけ。患者の負担はない。
      自分がラクをする為の手術ではなく、自分は大変な思いをしても、患者に必要な治療をするべき!という先生の想いが伝わってきます。

      実際私も田澤先生にレベル3まで切っていただきましたが、本当に私は麻酔で寝てるだけ。術後も特に何の不便もありません。でも、QAを見ているだけでも世間にはレベル3までの郭清など、切るどころか見た事もないなんていう手術がまかり通っていてしまうのです。

      乳がんプラザにたどり着いた方、正しく乳がんを勉強できるこのHPを、最大限に活用していただけたら良いと思います😊
      そして、自分にとって必要な治療は手術は何なのかを正しく理解していただけたら、良いと思います。

      最後に、私しか乳がん全摘患者を知らない私の周りの方々に、最近気になっちゃう事があります。
      高すぎる精度の手術を受けた私の例しか知らない人は、これが普通だと思いますよね?でも、私が手術する以前に地元で全摘している方は、私にびっくりするんです。みなさん、わかりますか?患側の可動域とあまりにも何の負荷もない私の状態に驚くんですよ。
      え?全摘してるの?え?リンパも切ってるの?えぇぇぇ?だって普通に最初から動いてるじゃん!
      この反応です。

      つまり、そういう事なんだと思うのです。
      先生ありがとうございます😊

      1. nayk🗻 さん
        ブラボー!!ブラボー!!
        素晴らしいご意見に感動してます!!
        言いたいことをすべて代弁してくださっています。

        nayk🗻 さんのコメント
        ★高すぎる精度の手術を受けた私の例しか知らない人は、これが普通だと思いますよね?でも、私が手術する以前に地元で全摘している方は、私にびっくりするんです。みなさん、わかりますか?患側の可動域とあまりにも何の負荷もない私の状態に驚くんですよ。
        え?全摘してるの?え?リンパも切ってるの?えぇぇぇ?だって普通に最初から動いてるじゃん!
        この反応です。

        同じくです(*^▽^*)
        地元の病院は外科しかなく、手術の制度が悪いので、腕が上がりにくい、上がらないなど当たり前。私も、乳がんの手術すると腕は上がらなく、上がりにくくなって普通なんだと思っていました。
        なもんだから、一人で入院、手術、2泊3日で退院、帰りも一人(☆長距離移動)重い物もすぐもってOK、退院して2日休んで仕事復帰(☆重いものを持つこともある)手術前とかわりない私をみて驚き…信じられないけど、現物(私)を見て信じるしかない状況…に…「もしもの時は…紹介して!!」とみんなに言われました( ^^) _U~~

        田〇先生の高すぎる手術の精度のおかげなのに…自分が褒められてるような…なんだか一人勝ち誇った気分になりました(笑)

        何回も言っていますが…乳がんプラザ発見!!田〇先生に手術していただいた私は幸せものです(*^^)v

    2. Q&Aで繰り返し散見される内容なのでそのたびに思うのですが、田澤先生が明確に回答される「術前抗がん剤の適用は①小さくして温存希望、②手術不能」は、乳腺外科医の標準治療(ガイドライン)ではないのでしょうか?偶々それに従わない医師に当たってしまった不運な患者さんがQ&Aに書き込んで(駆け込んで?)いるだけで、一般的には田澤先生と同様の解釈で治療されている医師の方が多いのでしょうか?(そうであってほしい…)

      偶々?それに従わず術前抗がん剤を乱用する医師は、腋窩郭清をする腕がないから?それとも製薬会社とズブズブの関係だからクスリを大量消費したい?(旧知の先輩にア○○ラ○○カのMRがいますが、やはり接待がすごいそうですね)こういう医師に当たったら、それが運の尽きだと思って諦めるしかないのか⤵

      大学病院や癌センターなどは若い医師の教育機関とのことですが、乳がんに腋窩リンパ節転移が付き物なら、本来そこをしっかり教育訓練してこその教育機関では?と理屈ではそう思います。
      でも、現実は難しいのでしょう。
      それなら、いつどこで学ぶのでしょう?田澤先生のような方、田澤先生のお師匠さんのような先生に出会えたラッキーな医師、且つ、そこで高いプロ意識が芽生えた医師にしか技術の継承はできないってことですよね。ほとんど奇跡のように思えてきます(^^;

      なんか纏まりがなくてすみません。。。

    3. ライフバード says:

      先生。こんばんはです。御意です。なぜ術前抗がん剤を勧めたがるのか。。それはやはり技術的に自信がないから、腋窩郭清とレベル3までの手術ができないのを術前で小さくしょう!って事なんだと思います。まやかし。。私は抗がん剤治療をしてないですが、度々Q&Aで術前抗がん剤されている方が度々登場していますが、”手術する前にやって万が一効かなかったらどうするんだろう?私だったら手術で先に原発を取り除いてから遠隔治療したい”と思います。術前の化学治療で脇高のリンパ転移が中途半端に消滅したり、残ったする事実は他病院の医者の方々はご存じなのでしょうか?何となく術前にやって効いてみるか見てその後考えようじゃ。。。やはり、先生の様な技術がない+術前化学治療が確実に脇高にどのように作用するか。。。わかってないと思います。危険すぎます。。反対に先生のように技術を磨かなくてはとか思わないのでしょうか?そしたら術前に頼らなくてもいいのではと思いました。。

    4. たつのおとしご says:

      「不完全な郭清手技」について…

      自分が乳癌になって、乳腺外科の位置づけや先生方の雰囲気が、私が医師になった頃と随分変わっていることにビックリしました。(何となく遠目には感じていましたが、自分が病気になるまでは深く考えることはありませんでした)
      そういうこととも関係しているのでしょうか…?
      私が学生だった20年程前は、一般外科の一つの分野という感じでしたよね…
      先生方も、いわゆる「外科医」という感じの先生方で…
      それが、知らないうちに、全然別の科みたいになっていたことに、純粋にビックリしました。

      田澤先生に辿り着く前に、乳腺外科の先生から、「乳癌の治療において、手術の重要度は下がっている、手術は誰がやっても一緒、術後に全身治療もするんだし。郭清も、ちゃんとやったら浮腫むから、今はそこそこにするんだよ」と聞かされて、外科医からそんな言葉が発せられることに正直とても驚きました。
      私の中で、外科の先生方といえば、「手術が大好きで、競って手術手技を磨いて、何より手術手技にプライドを持って、手術で治すことに使命感を持っておられる」というイメージだったので…

      私が知らない間に、全然別の科になったんだなぁ…時代は変わったんだなぁ…と思っていたので、田澤先生にお会いした時に、「こういう乳腺外科の先生もいらっしゃるんだ」ということに、とても安堵したのを覚えています。

      先生、ずっと現役でお願いします!

    5. ふじりんご🍎 says:

      田澤先生、私は何度でも強調していただきたいです。
      針生検で診断を受けた大学病院附属クリニックでは「リンパ節転移があるので、先に抗がん剤です。」と一択でした。

      「9割がた小さくなります」
      「既に遠隔転移している可能性もあります」
      「先に手術をしてしまうと、抗がん剤が効いているかどうかがわかりにくくなってしまいます」
      「セカンドオピニオンをご希望であれば紹介状書きます。ただ、他の先生も同じご意見だと思いますが」

      幸い私は既に乳がんプラザに辿り着いていて、Q&Aで明快なお答えもいただいてあり、
      田澤先生に手術をしていただくと決めた上で、この説明を聞いていました(この夜に「手術希望メール」を送りました)。
      なので、「バカなことを言っている。全く信じられない。」と聞き流すことができましたが、もしも乳がんプラザで田澤先生に出会う前に、教授ドクターからこのように言われてしまったとしたら、受け流すことは難しかったかもしれないとも思います。

      なんとか、乳がんプラザの閲覧者数をあげたいです。
      相当数の乳腺外科ドクターもご覧になっていることと思います。
      改変スレッドに何人かご提案くださったようにYouTube等の動画にしていただくのも一方法でしょうか。
      まずは田澤先生の自己紹介1本を是非お願いしたいところです。

    6. 乳がんになりピアリングやインスタグラムで体験談を読みあさりました。術前抗がん剤で何か月もエコーされず、腫瘍が大きくなり、手術後すぐに再発してしまった例は何件もありました。その他乳がんプラザで勉強されていたらこの事態を避けられなのではと思うことは多々あります。(田澤先生が苦言を呈していらっしゃる術前抗がん剤で完全奏功ならず→ゼロ―ダの服用はごく普通に当たり前になっているように感じます)

      乳がんプラザがもっと乳がん患者に広まって術前抗がん剤の危険を認識して欲しい。心からそう思います。

      1. スナフキン says:

        水玉さんへ

        はじめまして、スナフキンと申します。
        同じような気持ちです。
        術前抗がん剤に対する疑問も持たない、いや、恐怖と動揺のあまり思考回路が停止中にどんどんベルトコンベア式に流されて提示された治療になすがままにのって行っているのが実情なのではないでしょうか?
        中々難しいことではありますが、心を冷静にし一旦㊟「他の手立てはないか?」考えれる人が増えれば、悲しい現状は幾分減って行く気はしています。
        乳プラへたどり着ける人がもっともっと増えるといいですね。

        ※㊟はあくまでもエビデンスのある普通の医療です。民間療法や、世界共通のエビデンスのない治療ではありません。

      2. 水玉様こんにちは😃
        術前抗がん剤は不必要なのにされている方が多々いらっしゃる現状。私も前医でトリネガとリンパを理由に提案されました。
        私はきちんと理由があって田澤先生の元術前抗がん剤→手術しました。
        確かに、先生が仰るに『かなりの』効果だったので、自分でも触知したシコリはみるみる小さくなっていきました。
        効果がなくて逆にみるみる増大していたら、怖すぎるし、エコーもして貰えないなんて、治療を体験した者としては想像を絶する恐怖です。
        その上ゼローダなんて、どうなっているのだろう?と思ってしまいます。
        QAで先生は

        〇やはり問題なのは「手術不能となるリスク」なのです。
         これは、(担当医にとってではなく)「質問者自身の」リスクなのです。
         ♯極論すれば、担当医は「残念でした。」で済んでしまうのです。

        とも仰ってます。
        質問者とは我々患者の事ですね。

        術前抗がん剤の危険を患者が認識すると良いですが、現実は
        手術先行してほしいが、ドクターに言い出せずに(仕方なく)受け入れている…というのもあるのかもしれませんね💦

  6. ブラック太郎 says:

    ブラック太郎から掲示板に対する熱い要望を書いてみます。
    よろしければ、ご意見ください。

    私は乳がんプラザと、外科医田澤先生の大大大ファンです。命を助けていただいたと感謝しております。そしてサイトを毎日日課のように読んでいます。

    そんな私だから掲示板が残念でならないんです…昨日は全コメントが5件とか、悲しすぎます(つд⊂)エーン。せっかくお忙しい田澤先生が新しい挑戦をされて、社会的盛り上がりやメディアでの話題になり得る大チャンスがあるはずなのに、ちょっとアカンくないですか?田澤先生に失礼過ぎる!!!決まったメンバーで何とか差し障りのない話題を繋いでくれている現状…。治療の事を書けないという最大のネックはあるものの、ガン患者同士であることすら吐露できないような井戸端会議スモールトークが金太郎飴のようにどこまでも…(自分を含めて)。先生敬愛トークは、私も大乗り気ですが、ごめんなさい、全体的にあまりに…残念なんです!この現状は、田澤先生が思い描いていた掲示板だったのでしょうか。

    どうして他の掲示板のようにならないのか…書きにくいし、読みにくい…みんな書きたいのに書けないのはなぜ?仲良しグループがお茶している個室に、見ず知らずの他人がノックして入っていくような感じ?どうも現状は特殊な世界になってしまっているように感じます。発展していく先が見えない。田○先生が覗いてくださるチャンスもあるのに、このままではもったいなさすぎる!!!

    どのように改良すれば、一日のコメント1000件超えるような?というかみんなが癒される、為になる掲示板になるのか、考えて見ました。何といっても、日付でスレッドを組んでいることが最大の問題と思います。それでは2,3日ぶりに読むとかが面倒になるし、話題に乗ってみんなで盛り上がり続けていくことができません。2○ゃんねるとか、そこら辺の掲示板でも、日付じゃなく話題でスレッドを上げていますよね?
    例えば、
    「田○先生への愛を語るスレ」
    「田○先生のブログについて語るスレ」
    「みんなガン患者!不安を吐露しようのスレ」
    「今日のQ&Aを考えるスレ(聖域には許されないかな)」
    「最近始めた挑戦を語るスレ」
    「みんなでダイエット!毎日体重を記入するスレ」
    「慰めてもらいたいときに書き込んでねのスレ」
    「スカロケ面白ネタを語るスレ」
    「OZAKIを語るスレ」
    「え?そんなご趣味が?One Teamもっと知り合おうスレ」
    「乳がん患者にこんなこと聞いてみよう!スレ」
    ‥‥etc
    このようなスレになっていれば、興味ある所へ入って行きやすいと思うんです。

    私の思いは一つ、もっと、いろんな方に参加してほしいし、有意義な掲示板にしていきたいんです。

    ちょっと考えすぎてクラクラしてきたし、見当違いかもしれないので、ここらへんで失礼しておきます。

    ブラック太郎は田○先生とOne Teamの皆さんを愛し、応援しています!

    1. 管理上可能であれば、スレッドで分かれていたほうが利用しやすいですよね。
      続きは乳プラ改修スレに投稿しようと思います。

    2. すいーとぽてこ says:

      ブラック太郎さん、はじめまして。
      掲示板へのご意見、ご提案、ありがとうございます
      (って、私が言うことではありませんが💦、いろいろなご意見は皆さん大歓迎だと思います)
      今朝のブログで先生も書かれていましたが、「何か改善できないかなあ」と思っていた人は多いと思います。
      私もその一人です。
      (とは言え、私は頻繁な投稿もできず、為になるコメントも書けませんが)

      ブラック太郎さんの 
      『私の思いは一つ、もっと、いろんな方に参加してほしい』
      私もそう思います!

      でも1日のコメント数はあまり拘らなくても良いと思います。
      そうそう毎日書くことも思いつかなかったり、時間的余裕がなかったり
      返信しようと思ってるうちに日が過ぎてタイミングを逃したり。。。

      「書きたいのに書けない…」という方が入ってき易い掲示板にするにはどうしたら良いか。。。は課題だと思います。
      (以前、グループができているようで入りにくい、とおっしゃってた方がいらっしゃいました)

      話題でスレ立てするのは良い案ですね。
      でもあまり細かく分けると難しいですが…。
      例えば一つの投稿に、「最近思うこと」「お役立ち情報」「本について」など、幾つかの話題を盛り込んでいたのが別々に書かなければならない…とかになりますね。

      なので、スレは少な目で、(皆さんがきっと提案してくださいますよね)
      後は今まで通り自由で良いのかな、と思います。

      今あるスレは「乳プラ改変」と「遠方・プチ遠方」スレですよね。

      私は二つ提案してみたいと思います。
      ◯「江戸川病院で手術(治療)を受けた人の感想」スレ
      があると良いなと思います。
      (遠方でもプチ遠方でもない人は感想を書きたくても書く所がないため)

      昨日(7/6)の先生の掲示板での問いかけに対し、直ぐさますずらんさん、スナフキンさん、naykさん、ねねさん応えられていました。
      今朝も何人かの方々が。。。
      みなさん「田澤先生に手術をしていただけて幸せ」「命を救っていただいた」
      と熱く語っておられます。
      先生に手術していただいた人全員の思いですよね。

      乳プラにたどり着いた人が、そういう体験者のコメをまとめて見られるスレがあると
      皆の願いである「背中を押す」ことに繋がると思います。

      今の掲示板はいろんな話題が混在しているので、膨大になったコメの中から、そういった体験者の朱玉の熱いコメを探すのは難しくなっていますものね。

      もう一つ、
      7/5の匿名さんの投稿「気持ちの回復」に対し、何人もの方々が返信されていました。
      私にとっても大変参考になりました。

      このような貴重なコメも数日後には埋もれてしまうので別建てスレがあるといいな、と思います。

      1. あおっちさま&すいーとぽてこさま

        術前抗がん剤はまだまし?な方で、温存手術後放射線なし、ステージ1の浸潤癌だったのに術後再発治療なし、など標準治療が確立されているはずなのにその治療さえできていない場合があるのに驚きます。よく乳がんプラザでステージ1で再発された方のブログを読んで不安になられている質問を目にしますが、よくよくそのブログを読んでみると治療に問題があるのでは?と疑問に思うケースが少なくありません。治療を医師に任せてしまうことの恐ろしさを痛感しています。

        1. すいーとぽてこ says:

          水玉さん、こんにちは

          本当にそうですね。
          医師選びがいかに大切かと思い知らされます。
          乳腺外科医としてきちんと教育を受け研修してきたはずなのお医者さんたちのはず、なのに、どうして?って思います。。。

          私も水玉さん同様、主治医にエコーされたことはないです。
          手術前は技師さんで、手術後はエコーはやらないとのことです。
          全摘のせいかな?と思いながらも不安でした。
          (その先生が、というより、病院によって違いがあるようです)

          でも乳プラのQ&Aで、何人かの方が術後チェックとして半年に一度のエコーのお願いをしていて、先生が「大丈夫です」と回答しているのを見たので私もお願いして、今は半年に一度通わせてもらっています。 (水玉さんも、ですよね?)

          できるだけ多くの方が「乳がんプラザ」に辿り着き
          正しい知識を得て適切な医療を受けられると良いのですが。。。
          (もちろんDr.T がベストですが、いろんな事情で不可能な場合も)

    3. ブラック太郎さんの乳がんプラザ愛に感服しました👏👏👏

      ただ、「一日のコメント1000件超えるような」には、アドミンさん(管理者様)のギョッ😳とした顔が浮かぶような…😅
      (アドミンさん、乳プラ専任なわけじゃないですよね?)

      他の掲示板を読むことがあまりなく(大抵気分が悪くなるので意図的に避けてます)、ましてや書き込みなどしたことがないので、スレッドの立て方とかよくわからないのですが、田澤先生の患者会という閉鎖性が心地の良さを保てている要因でもあるように感じています。皆さん、自分の投稿で雰囲気が暗くなったり、ましてや他者を傷つけたり非難したりなど一切しないし、そうなることをとても恐れてる。だから、たわいなく見える投稿でも、実は一言一言慎重に選んで書かれているように思います。私自身もそうですし。

      >みんな書きたいのに書けないのはなぜ?

      ブラック太郎さんの仰るように仲良しグループの中に入って行きづらい雰囲気、確かにあると思いますが、ここに書き込むことに対する独特のプレッシャーみたいなものもあるんじゃないかな?とも思ったりします(中途半端なことは書けないとか、炎上させてしまったらどうしようとか)。

      ブラック太郎さんのご提案のスレッドが立って、会話に参加することに対する心理的なハードルが下がれば、新しい方もどんどん入ってきて賑やかな掲示板になるかもしれないですね👭👭👭👭👭👭👭👭👭👭👭

Scroll Up