Site Overlay

進行乳がんの症状 自壊について

[管理番号:8572]
性別:女性
年齢:43歳
病名:乳がん
症状:ステージ4
投稿日:2020年5月26日

夜分、突然の質問すみません。

妻の病状ことでの質問です。

2015年に発覚時点でリンパ、肝臓転移のステージ4の診断でした。

ルミノールBとのことでホルモン療法からはじまりました。

2015年からアリミデックス、ゾラデックス、ノルバデックス他、(その後骨転移があり、ランマークを始めてます)
2019年末からアフィ二トール、2020年5月時点でゼローダを服用してます。

今の悩みは元の腫瘍が痛いこと、皮膚が変形する、汁が止まらないということです。

今後の治療法に関しまして、是非、ご教示をお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「ルミノールBとのことでホルモン療法からはじまりました。」
⇒このような治療方針は私は(そもそも)行いません。

私であれば、最初から「anthracyclineもしくはtaxaneの抗がん剤」を使用して肝転移をコントロールしつつ「手術」を目指します。

〇もしも、上記のような治療を選択していたら(そして手術ができていたら)「今の悩みは元の腫瘍が痛いこと、皮膚が変形する、汁が止まらない」とはならなかったでしょう。

「今後の治療法に関しまして、是非、ご教示をお願い致します。」
⇒「まともな」抗がん剤をしましょう。(anthracycline, taxane, bevacizumab, eribulin どれをとっても劇的に改善させる可能性があります。もしも劇的に改善し
たら手術してもらいましょう)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
172+
Scroll Up