Site Overlay

全摘+同時再建

[管理番号:8195]
性別:女性
年齢:49歳
病名:左非浸潤乳管癌
症状:

先生、はじめまして。

よろしくお願いします。

昨年、11/(下旬)に左非浸潤乳管癌(確定)で温存手術。

断端陽性の為、年明けから放射線治療の予定です。

(陽性でなければこちらの病院では放射線治療はしないという予定でした。)
乳がんになってから仕事もお休みし、毎日こちらのサイトを1日に何度も何度も訪れ(1日中見ている事もあります)、コラムなども含め、勉強させていただいております。

放射線治療をしても局所再発の可能性が数パーセントあると言われています。

わずか数パーセントの局所再発がとても怖く心配となり、
「全摘すれば根治です」という言葉をこちらのサイトでも何度も見かけ家族と再三話し合い、子供のため、将来の自分の為、命最優先と腹を括り全摘する方向に気持ちが向いています。

私には根治できるチャンスが今目の前にあるのだと思い、自分に言い聞かせています。

それでお伺いしたいのですが、今見ていただいている病院では同時再建を行っておりません。

もしも先生に全摘+同時再建をお願いできるとしたら、今申し込ませていただくとどれ位の待ちになるでしょうか?
まずは秘書メールでいいのでしょうか?
その場合、6泊7日であっていますか?

それから病院で
「最近エキスパンダーに問題があり、今はどこの病院でも同時再建はできないはず」
と、言っていましたが、そのあたりはどうなのでしょうか?
それと、断端陽性は露出が2箇所あるそうです。

全摘の再手術はいつまでに行うべきでしょうか?
露出したところは再手術までに浸潤がんへと進んでいかないでしょうか?
切り込んでしまっているので、だだ漏れしてるのではないかと不安になります。

どなたかのQ&Aに、ここは駆け込み寺 と書いてありました。

本当にその通りだと思います。

ボランティアでこのQ&Aの件数の多さには本当に頭が下がります。

ここまでして下さるのは日本で田澤先生しかいないのではないでしょうか?

お忙しい事は重々承知しておりますが、
何卒どうぞよろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「もしも先生に全摘+同時再建をお願いできるとしたら、今申し込ませていただくとどれ位の待ちになるでしょうか?」
→同時再建の場合には、「形成外科の手術日程」となる(当科の都合だけでは決められない)ので、現時点では不明です。(一度、形成外科を受診してからでないと不明)

「まずは秘書メールでいいのでしょうか?」
→その通りです。

「その場合、6泊7日であっていますか?」
→その通りです。

「最近エキスパンダーに問題があり、今はどこの病院でも同時再建はできないはず」
と、言っていましたが、そのあたりはどうなのでしょうか?」

→今まで使われていた「TEXTURED TYPE(表面がザラザラ)」は使えませんが、SMOOTH TYPEのものは使えます。

「全摘の再手術はいつまでに行うべきでしょうか?」
→手術から半年以内であれば何ら問題ないでしょう。

「露出したところは再手術までに浸潤がんへと進んでいかないでしょうか?」
→通常、数年かかります。

「切り込んでしまっているので、だだ漏れしてるのではないかと不安」
→誤ったイメージです。

 実際には(非浸潤癌を)「そのまま置いておいても、切り込んでも」浸潤癌になるスピードに変化はありません。

「秘書室メール」はこちらをクリックしてください。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up