Site Overlay

右脇から脇の下の痛みについて

[管理番号:1481]
性別:女性
年齢:45歳
はじめまして。悩み過ぎておかしくなりそうですので、ご相談させてください。
3週間くらい前から筋肉痛になりました。
ジムに通っていて、ヨガや運動のしすぎだろうと思ってました。
ほぼ直ったと思ってたら、右脇から脇の下がどんどん痛くなり、今に至ってます。押したら痛いし、脇の下の痛みは、ヒリヒリチクチクです。
筋を痛めたのか?と信じたいところですが、脇の下の痛みとなると、乳ガンの可能性もあるのかな?と心配になりました。
先週水曜日に、乳腺科のある病院で診てもらいましたが、とりあえず検査しましょーと言う話になり、マンモとエコーの予約だけして帰りました。現在、検査が混んでて早くても12月との事でした。
それまでに待てないと思い、毎年受けてる人間ドックの日程を早めてもらい、運よく今週末に受ける事ができました。
それで、すごく心配な事があるんです。
私は、10年以上前から脇の下に脂肪の塊があります。
両脇にあるんですが、右脇は8ミリくらいです。
切除も考えましたが、見た目の問題で切除しなくても大丈夫との診断だったので、そのまま放置してます。他のも小さいので放置したままです。
大きさは、全く変わってないし気にしてませんでした。今回、脇の下が痛くなってから、もしかして癌だったのでは?と不安になりました。
現在、自分で確認出来る胸のしこりはないと思います。胸も痛くはありません。ただ、脇の下の痛みが残ってます。
癌の可能性は、ありますか?
あと、今週末の検査の時に気をつける事、注意点があったら、アドバイスくださいますよう、よろしくお願いいたします。
乳ガン検査に関しては、2年前にマンモをして異常なしでした。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「脇の下の痛みとなると、乳ガンの可能性もあるのかな?と心配になりました」
⇒まず、この認識は「誤り」です。
 たとえば、「乳癌でリンパ節転移がある」場合でも、「脇が痛い」ことはありません。
 ○つまり、「脇が痛い」と聞くと、「乳腺の痛み、もしくは副乳の痛み」かな?と私は想像します。
 
「10年以上前から脇の下に脂肪の塊があります。両脇にあるんですが、右脇は8ミリくらいです」
⇒副乳ではないでしょうか?
 「両胸にたまたま脂肪腫ができる」可能性も勿論ありますが、「副乳」と考える方
が自然です。
 
「今回、脇の下が痛くなってから、もしかして癌だったのでは?と不安になりました」
⇒癌ではないと思います。
 まず、場所的には「副乳」と推測しますが、「副乳癌は極めて稀であるし、何より
10年以上前から癌がそのままということは全く考えられません」
 ○ちなみに「腋窩リンパ節」という可能性もありません。 「腋の窪みの奥深くに
あるので8mmでは触れようもない」し、「そもそも痛みの症状は起こらない」のです。
 
「癌の可能性は、ありますか?」
⇒ほぼ無いでしょう。
 「胸にしこりを触れない」となれば、尚更です。
 
「今週末の検査の時に気をつける事、注意点があったら、アドバイスくださいますよ
う、よろしくお願いいたします」
⇒その「気になる、腋のしこり」を超音波してもらえば解決です。
 本物の専門医であれば、(超音波なしでも)見ただけで「それは副乳で心配ありません」と言えそうですが…
 
 

 

質問者様から 【質問2 右脇から脇の下の痛みについて】

お忙しい中、ご回答くださりありがとうございました。
安心できる内容でしたので、かなり気持ちが楽になりました。
脇のしこりは、副乳では?とのことでしたが、しこり自体に痛みはなく
脇の下が痛いままなんです。
先生からのメールを読ませて頂くと、脇のしこりや痛みが必ずしも乳が
んに結びつくわけでもないんですね。
脇の下が痛い&しこりと乳がんの疑いあり。リンパ転移で手遅れとか情
報だけで頭の中が混乱してました。
今日も自分でチェックする限り、乳房自体にしこりや痛みは感じないの
ですが、自己判断にすぎないですし、右脇から脇の下の痛みもまだまだ
気になります。
先生のアドバイス通り、土曜日の検診を落ち着いてしっかり受けてこよ
うと思ってます。
また、結果次第ではご相談させて頂くかと思いますが、よろしくお願い
致します。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
安心していただいて何よりです。
「脇の下が痛い&しこりと乳がんの疑いあり。リンパ転移で手遅れとか情報」
⇒誤った情報です。
 本当に臨床を知っている「乳腺専門医」ならば、私と同様の意見でしょう。
再度、強調したいのは
 腋窩リンパ節の位置です。
 腋窩の窪みの奥深くに存在するので、そう簡単に「外見上解らない」し、触れよう
にも「2~3センチ」なければ触れることも不可能です。
 
 ○一言で言えば、自分で気づく様な大きさの「転移性のリンパ節腫大」がある場合には「相当大きな、乳癌のしこりが存在している」のです。
★自己検診でわからない程度の乳癌(が、もし存在していたとしても)で、「自覚する程の大きさの転移性リンパ節腫大はありえない」と私は経験上知っています。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up