乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:7077]
性別:女性
年齢:64歳
病名:乳腺 トリプルネガティブ ステージ1a
症状:術後1カ月

いつもこちらのサイトを読んでは色々勉強させていただいています。
この度は質問の機会を与えていただき、ありがとうございます。

64歳の母のことで質問です。

11月初旬に乳ガンの告知をされ、
手術で全摘出後、本日病理検査の結果が出ました。

病理結果:Invasive ductal
carcinoma, tubule forming
type, of the right breast
, mastectomy rt, C, f,
ly0, v0, Tis(+), EIC(-),
comedo(+), ductal spread
slight, 浸潤径16×15mm,
HG(2,3,3), N-SAS 3, B&R
3, pN0:0/3 SLNs, ER(-)
0%, PrR(-) 0%, HEAR2
score 0, Ki-67 40%
脈管侵襲 血管やリンパ管への広
がり なし
ステージ1a

トリプルネガティブのため1月末より抗がん剤TC 4回予定です。

1.今後の治療に問題はないでしょうか。
6カ月コースのほうが再発率を下げれますか?

2.母の無再発率、生存率は抗がん剤をした場合としない場合ではどれくらいになるでしょうか?

主治医がステージは低いがトリプルネガティブでグレート、Kiともに高いため抗がん剤をして50%上乗せだとおしゃっていました。

とういうことは仮に無治療の場合の無再発率は、ステージ1なのに50%しかないということでしょうか。

母は自分がトリプルネガティブであることを凄く気にしています。

先生がいつも予後はステージで決まる、トリプルネガティブを悪者にしてはいけないとおっしゃっていられるので、その言葉を信じて母を励ましています。

なぜみなさんトリプルネガティブにマイナスイメージを与えようとするのでしょうか。

お忙しい中申し訳ありませんが、
ご返信よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

時々コメントしていますが…

サブタイプの概念が入ってきたのは、この20年の話です。
それまでは至ってシンプルに「1期(リンパ節転移もなく、腫瘍径も小さい)」に抗がん剤をするという発想自体ありませんでした。

つまり、20年前だったら、質問者(の母)は主治医から「早期でよかった! 無治療です」と100%間違いなく言われていたのです。
(それで)20年前に、そのような患者さんが沢山再発したのか?
 全くそんなことはありませんでした。

その当時の診療を知っている私からみると、「サブタイプの概念が出たからって、
(早期がんに対して、「トリプルネガティブだ!悪者だ!」などと)急に掌を返すような扱いをすること自体、全くナンセンス」と感じます。

★実臨床を知らない(経験不足の医師や、若手の頭でっかちな医師達)が、今回のように騒ぎ立てることは極めてナンセンス!(私にとっては)不愉快とさえ言えます。

「1.今後の治療に問題はないでしょうか。」
→標準治療は「アンスラ(3M)-タキサン(3M)」です。
 年齢を考慮してのTCなのでしょう。

「「6カ月コースのほうが再発率を下げれますか?」
→実際は、殆ど影響ないでしょう。

「2.母の無再発率、生存率は抗がん剤をした場合としない場合ではどれくらいになるでしょうか?」
→ 私の主観ですが…

 しなかった場合(無再発生存)85% →すると92%

 この数値のイメージは(サブタイプに応じた標準治療を行えば)ステージ1は(サブタイプに関係なく)90%以上となる+抗がん剤は(トリプルネガティブにおいては)再発率を半分近くにする

「仮に無治療の場合の無再発率は、ステージ1なのに50%しかないということでしょうか。」
→とんでもない!!

 (もしも、そんなことがあったら)20年前の現場は大騒ぎとなってしまいます!!

「なぜみなさんトリプルネガティブにマイナスイメージを与えようとするのでしょうか。」
→これには3つの背景がありそうです。

1.「新しい治験」(20年だから「新しい」は言い過ぎですが)や「専門的」なことを、強調したがる。(医師が多い)
 →「早期だから大丈夫です。」と言うよりも、(「私は詳しいことを知っているのだ」とばかりに)「あなた方、素人には解らないでしょうが、トリプルネガティブとは…」みたいに、言うことで「箔がつく」と考える人は多そうですよね?

2.実際に(ある程度進行している場合:イメージとしては3期以上)抗がん剤をしない場合には再発率は高いと思います。(抗がん剤をすることで、他のサブタイプと同等となるのです)
 
3.実際に診療していて実感するのは、(初診時に)ある程度進行した乳癌を診た際に、「ルミナールタイプだと、数年放置」もザラですが、「トリプルネガティブの中には、急速に大きく(「シコリを自覚して1か月で明らかに大きく」みたいな)ケースもある」のです。
 →「後者」を実際に経験すると、(一部の印象に引っ張られて)、我々乳腺外科医の頭の中で「トリプルネガティブは手ごわいな」というイメージが作り上げられていくのです。

★ただし、実際に最も重要なのは「トリプルネガティブは、単一の集団ではない」ということです。

 例えば「ルミナールタイプ(ER, PgRが陽性)」とか、「HER2タイプ(HER2が陽性)」のように、(臨床的に)大変大きな特徴を持った集団として(立派に)一括りにできるのですが…

 一方で「トリプルネガティブ」は上記に当てはまらない(ER,PgR,HER2が陰性)ことだけが共通である「雑多な集団(これから医学が進歩することにより細分化していく筈)」なのです。

 
◎結論からいえばトリプルネガティブは
1.その中には「抗がん剤が著効」する群もあるし、「抗がん剤が全く無効」な群も当然混じっているが、(現時点では「それを区別することができない」以上)、標準治療として(現時点では)抗がん剤をせざるをえない(必須である)
2.その中には(たしかに)急速に増大して予後が悪い群が混じっているが、(当然ながら)「とても予後がいい群」も混じっている。

もうひとつ個人的印象をお話すれば…
(トリプルネガティブの中でも)本当に予後の悪い群は、おそらく(早期である時期が、極めて短い:あっという間に増大し転移するので)早期で見つかるケースが少ないのでは?と考えています。
 
 つまり、(裏を返せば)早期で見つかった時点で「予後良好群」と言ってもいいのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。