Site Overlay

トリプルネガティブ術後治療について

[管理番号:1516]
性別:女性
年齢:41歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:782「weekly PTXの評価

 
 
田澤先生、お忙しい所申し訳ありませんが、お考えを聞かせて下さい。
術前にPTXを行い8月に終了し、9月末全摘、病理結果ぎ出ました。
化学療法前の状況は、リンパ転移無さそうだけど一つ怪しいかも、腫瘍
経径2.6、全体は4.5位、トリネガでki67が60%、2aとの判定でした。
術後の病理結果は、
リンパ、静脈侵襲無し、
浸潤部0.4.
ER PGRマイナス
HER2 無し
遠隔なし
効果判定 2a
核グレード3
ki67 68.5%
Ly V マイナス
以上で、普通ならFEX療法に進む所ですが、心疾患有りの為心不全になる可能性が健康な方より高いので、よく考えて選択して下さいと言われました。
するとしても、EC療法になる様ですが、自己責任と言う事だと思います。
ki67やグレードが高いので、担当医も再発しやすいとも聞いています
し、このまま、無治療だと後で後悔すると私は思います。
心不全が悪化し、生活がしにくくなり心不全で命を落とす可能性が、あるなら再発しても、しばらく元気に過ごせる時間を大事にした方がとも、担当医から言われました。
心臓の経過観察の医師にも、相談して、来週今後について決めようと思います。
また、ECを諦めるとしたらCMFはどうだろうか?と自分で調べてみましたが、効果は、いかがなものでしょうか?
治療方法を決定するのは、自分ですが、先生はどの様に思われますか?
また、PTXのみの場合、ECを加えた場合、CMFの場合の無再発率が、おおよそわかれば教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
術前化学療法後の手術が終わったのですね。
おめでとうございます。

回答

「心臓の経過観察の医師にも、相談して、来週今後について決めようと思います」
⇒そこが一番重要です。
 化学療法は、あくまでも「再発予防」目的です。
 「必ずしなくてはならない」治療とは言えません。
 その意味では「心臓が優先」これは間違いありません。
 
「CMFはどうだろうか?と自分で調べてみましたが、効果は、いかがなものでしょうか?」
⇒それはいい選択だと思います。
 つい10年位前までは「CMFが標準療法だった」のです。
 循環器の先生次第でしょう。
 
「PTXのみの場合、ECを加えた場合、CMFの場合の無再発率が、おおよそわかれば教えていただきたいです」
⇒申し訳ありませんが、現在adjuvant onlineがupdate中であり、12月1日再開予定となっているようです。
 ただ、PTX単剤に比較してECを上乗せすることで「10%前後」、CMFだと「ECよりは3%程度劣る」程度だと思います。
 

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up