Site Overlay

右嚢胞内腫瘤疑いから

[管理番号:5694]
性別:女性
年齢:39歳
人間ドックのエコー検査で影があった事から
乳腺外科クリニックでエコーとマンモを診て貰いました。
その時は『大した事無いよー』なんて仰られていましたが
後日、その結果を言われた時に『怪しいから針生検します。小さいから癌でも大丈夫』と繰り返し言われました。
これは、もうほぼ乳癌って解釈でよろしいのでしょうか…
(下旬)日に結果が出るまで不安でたまりません
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「『大した事無いよー』「後日、『怪しいから針生検します。」
⇒何故、判断が異なったのか不明ですが…
 もしも(タイトルのように)「嚢胞内腫瘍」だとしたら針生検はあまり勧めません。
  理由は2つ
  1.針生検の太い針では、穿刺後に内容液が散らばるリスク
  2.嚢胞内腫瘍の場合腫瘍が「乳頭状病変papillary lesion」である事が多く、(これは)針生検では診断確定しにくい
 以上より、嚢胞内腫瘍は「摘出生検(外科的生検)」が望ましいと思います。
「これは、もうほぼ乳癌って解釈でよろしいのでしょうか…」
⇒(最初に)「大したことないよー」と言っている位ですから…
 確定ではありません。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up