Site Overlay

手術の時期

[管理番号:279]
性別:女性
年齢:47歳
はじめまして。よろしくお願いします。
乳癌と診断されて2ヶ月です。
浸潤ガン ステージⅡA しこりの大きさは4.5
ER陰性 HER2陽性かトリプルネガティブか検査結果待ちです。
 
あまり、顔つきの良くない癌って事は理解していますがどうしても仕事の都合ですぐに手術も化学療法も出来ません。
早くて9月頃になりそうなんです。しっかりと治療する為に今の仕事をどうしてもやり遂げないといけません。
 
そこで田澤先生のご経験から後5ヶ月で私の癌はどうなってると思いますか?5年生存率何%ぐらいでしょうか?
(2015年4月の質問)
 

田澤先生からの回答

 おはようございます。田澤です。
 まず驚くのは「乳がんと診断されて2カ月も経つのに、まだサブタイプが定まっていない」ことです。
 あまりにも遅すぎます。
 「癌に対しての治療はスピード感が重要」であることが無視されています。
 全く賛成できません。どこかの大学病院かブランド病院でしょうか?

状況の確認

「ER陰性 HER2陽性かトリプルネガティブか検査結果待ち」
⇒これはHER2 score(免疫染色)が2+なので、HER2 FISHを行いHER2遺伝子の増幅を調べているところなのでしょう。
 

回答

「腫瘍の大きさ:4.5cm」「HER2 type or TN」「どうしても仕事の都合ですぐに手術も化学療法も出来ません。早くて9月頃」
⇒全く勧められません。
 そもそも現時点で「診断から2カ月」であるのに、更に「無治療で5カ月」!
 正気の沙汰ではありません。
 
 私であれば「全力で説得」を試みます。(勿論、最後は自由意志だから限界がありますが…)
 
「どうしても仕事の都合ですぐに手術も化学療法も出来ません」
⇒仕事が忙しいのは解ります。
 
 「命と仕事どちらが大事なの?」などと陳腐なセリフを言うつもりはありません。
 私だって(今の忙しい状況で)「長期間の入院や、術後も暫く仕事ができないのであれば」そのようにするかも?しれません。
 
 「今受診している、その病院ではどうなのか?解りませんが」
 江戸川病院では「前日入院、手術、翌日退院」で手術できる(乳房温存でも乳房切除でも)し、術後当日からでも仕事復帰可能なのは保障します。
 
★手術さえ、してしまえばいいのです。
 術後の化学療法は9月からでも全く問題ありません。
 ※(HER2タイプであれ、TN:triple negativeであれ)術後補助療法として間違いなく化学療法が必須となりますが)化学療法はあくまでも「再発予防」なので(手術さえしてしまえば)いつ始めても問題ありません。
 
「5ヶ月で私の癌はどうなってると思いますか?5年生存率何%ぐらいでしょうか?」
⇒応えられません。
 統計を出せるほど、そのような選択をする人はいないでしょう。
 
◎現時点で「診断から2カ月」考え直してください。
 必ず後で後悔します。
 
 江戸川病院は手術日が(月)(金)なので、 日曜日入院⇒月曜日手術⇒火曜日午前退院、午後から仕事復帰可能。
 これでは駄目なのでしょうか?
※この日程で手術が可能(実際に私の患者さんはそうしてますが)なのは、私が自分の技術に絶対の自信を持っているからです。
 是非、ご検討をお願いします。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up