乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7051]
性別:女性
年齢:41歳
病名:左浸潤性乳管がん
症状:

先日、大学病院で生検を受け、左浸潤性乳管がん、ステージ1、腫瘍の大きさ7mmと診断されました。

画像上では良性の腫瘍の可能性が高いとの医師の見解だった(腫瘍が丸みをおびていてギザギザしていない為)のですが念のための生検での悪性結果にショックを受けています。

生検の悪性腫瘍の判断で手術をしたら良性だったという可能性は無いでしょうか?

またせめて非浸潤性(ステージ0)であったらと良かったのにと思うのですが(例えば良性の腫瘍に非浸潤性の悪性腫瘍が重なっているなど)
その可能性もないでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「生検の悪性腫瘍の判断で手術をしたら良性だったという可能性は無いでしょうか?」
→ありません。

 組織診断は確定診断です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。