Site Overlay

細胞診の結果について

[管理番号:7996]
性別:女性
年齢:35歳
病名:
症状:胸のしこり 乳房痛

初めて質問させていただきます。
宜しくお願いします。

私はSLEの持病があります。
今は数値も安定していまして、プレドニン4mgを服用しています。
11月(上旬)日にマンモ、エコーをして1.48×1.41のしこりがありました。
それと細胞診をしました。
まだまだ勉強不足と持病の事もあり、細胞所見について教えていただけたらうれしいです。
壊死性背景に核腫大した乳管上皮細胞が散在性、大~小の不規則重積集塊で多数出現しています。
核の大小不同不整形、核小体腫大認め、集塊での二相性不明です。
またコメントもあります。
出血壊死炎症性背景に上皮細胞の大小不同不整形軽度重積性集塊。
集塊のほつれバラけ傾向あります。
核腫大不整形や二相性不明瞭です。
リンパ球浸潤が
あるようです。
との事です。
11月(上旬)日に組織診をしましたが、結果待ちです。
私の乳がんの種類やステージはどのくらいでしょうか?
またどのような治療が考えられるか教えていただけたら嬉しいです。
お忙しいとは思いますが宜しくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「種類やステージはどのくらいでしょうか?」
→「種類」とは「サブタイプ」のことですね?

 これは「細胞診では、わかりようがなく」、(今、結果待ちである)「組織診の追加検査(免疫染色)で判明」しますよ。

 「ステージ」は「腫瘍径cT」と「リンパ節転移の状況(画像診断上)cN」の組み合わせで決まります。(cT1,cN0,cStage1/cT1,cN1,cStage2A/cT2,cN0,cStage2A/cT2,cN1,cStage2Bなど)
 1.48cmとありますので、cT1となります。
 リンパ節については、次回主治医に聞いてみましょう。「リンパ節転移無さそう=cN0]ならばcT1,cN0,cStage1となるし、「リンパ節転移ありそう=cN1]ならばcT1,cN1,cStage2Aとなります。

「どのような治療が考えられるか」
→サブタイプによります。=つまり「組織診の追加検査(免疫染色)」の結果が出なければ解りようがありません。
 是非『今週のコラム 159回目 乳癌診療の基本1 『乳癌の治療で最も重要なことは治療を「局所療法」と「全身療法」に分けることなのです。』から始まるシリーズを一気読みしてください。

今週のコラム一覧

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

治療法について
性別:女性
年齢:35歳
病名:トリプルネガティブ 髄様癌 グレード3
症状:

田澤先生、前回SLEの持病がありますと質問させて頂きました。
今回、組織診の結果が出ましたので、またお忙しいとは思いますが宜しくお願いします。
病理組織診断でトリプルネガティブの髄様癌だと告知され、親に話し、心が落ち込んでしまいました。
長くなりますが、
病理組織所見で腫大核と核小体目立つ異型細胞が大小不同不整形シート状地図図状から大小不同不整形胞巣を形成し増殖しています。
周囲にはリンパ球など浸潤や繊維増生、炎症像があります。
SLEだからリン
パが腫れているかもしんないと言われました。
浸潤性増殖や腺管構造
ありますが、一応鑑別として髄様癌を挙げておきます。
核異型スコア
3、核分裂数スコア3、腺管形成スコア3で組織学的グレード3です。
ER
0、PgR0、HER2score1です。
グレード3ということは進行が早い
という事ですか?私はまだ結婚もしていないので、やはり子供をいずれ授かりたいと考えています。

○○大学病院の血液免疫科に診察で通っているので、○○大学病院の乳腺外科で手術をしていただこうと考えておりますが、田澤先生、私の治療法として、分かる範囲でのアドバイスをお願いします。

また、大学病院での治療方法を聞いた上で田澤先生の病院で治療していただくことは可能でしょうか?動揺してしまい、また質問をすぐにしてしまいすみませんが、よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

大事なことは予後はステージと関係し、(そうでなかったら、ステージの存在意義が
ありません)、治療法はサブタイプで決まる。
このことだけ頭においてください。

〇ステージ 
(SLEのためにリンパ節が腫れているのであれば、)cT1,cN0,cStag
e1
(もしもリンパ節転移のために腫れているのであれば)cT1,cN1,cStag
e2A
  となります。(いずれ早期ですので、予後に悲嘆する必要はなし)

〇治療法 重要なことは「局所療法」と「全身療法」に分けることです。
「局所療法」
 「部分切除+術後温存照射」もしくは「全摘(照射なし)」の2択となりますが、
膠原病(活動性のSLEもしくは強皮症)では「術後照射は相対禁忌」となるので後
者(全摘で照射なし)を選択すべき

「全身療法」
  トリプルネガティブなので、抗がん剤の適応となります。

◎つまり、あくまでも「早期がん」グレードとかトリプルネガティブなどは無関係。
 やるべき治療を行いましょう。

 局所療法としては「全摘手術」
 全身療法としては「抗がん剤」
 ★術前抗がん剤は無意味であり、術後に普通に行いましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

治療法と妊活について
性別:女性
年齢:35歳
病名:トリプルネガティブ 髄様癌
症状:

田澤先生。
何度も申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
11月(下旬)日に〇〇大学病院で診察と検査をしてきました。

外来が混んでいた事もあって、次回の12月(中旬)日にCTとかを撮ります。

結果を聞きに16日に行くんですが、11月(下旬)日の担当医からは抗がん剤を6ヶ月してから手術でいくような発言がありました。
こちらで勉強させていただいているのと、私はSLEの持病があるので全摘での局所治療かと思っていました。
乳がんには効くけど卵巣にはすごくダメージがある抗がん剤を使用するからって事もあり、卵子凍結の話をいただき、私も年齢が年齢なので、一部の可能性をかけてお願いしようと思っています。

抗がん剤を術前にしないで手術を先にお願いしてみる事はいいんでしょうか?私は今、県外転職も同時に進めていて、働きながら治療も頑張っていきたいので、術前抗がん剤6ヶ月+手術+抗がん剤という治療だと長くかかってしまうので、大学病院の方にも言ってみようと思いますが、田澤先生に手術をお願いしたいです。
いつ頃なら手術の予約が可能でしょうか?また治療期間はどのくらい必要でしょうか?早期の癌で親からは乳房温存の手術じゃないの?って言われてて、放射線治療でのSLE患者への副作用について深く説明もなく、私自身出来れば乳房温存したい気持ちもあって全摘に最初は戸惑いがありますが、乳房再建で前向きに頑張っていきたいのでよろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「抗がん剤を術前にしないで手術を先にお願いしてみる事はいいんでしょうか?」
→勿論、それでいいのです。

 抗がん剤を術前に行う理由が全くありません。(「トリプルネガティブだから術前抗がん剤」などという考え方は誤りです)

「いつ頃なら手術の予約が可能でしょうか?」
→1か月を目安にするといいでしょう。

「また治療期間はどのくらい必要でしょうか?」
→(再建無なら)2泊3日
 (同時再建なら)6泊7日

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

トリプルネガティブの治療
性別:女性
年齢:35歳
病名:トリプルネガティブ
症状:ステージが変わる。

田澤先生。
何度もお忙しいところ質問してしまい、すみませんが宜しくお願いします。
私は今年の5月に左足を骨折していまして、MRIだけ
12月(中旬)日に検査出来なかったんですが、造影剤をつかってCTは検査しました。
整形外科の先生からMRIの検査も大丈夫という事で12月(下旬)日にMRIの検査をして、27日に結果を聞きに行きます。

私はSLEの持病があり、血液免疫科の先生からリンパ節が腫れる事が
あると言われていまして、喉が腫れていて食べ物が飲み込みにくい事はあってもあまり意識しないで過ごしていました。

CTの検査で明らかな遠隔転移なし。
腋窩のリンパ少し目立つが左右も同様。
鎖骨の上、小胸筋内側リンパ節は腫れているかもしれない。
と言われて、最後に超音波エコーしたら2.0センチ弱と言われて、ステージⅢCって言われました。
しこりの大きさも少しずつ大きくなっているのとステージも変わってきているので不安でいっぱいです。
また、大学病院の先生には早めに治療した方がいいと言われたのでさらに不安になりました。
私は□□県に住んでいますが、来年の3月から○○県で内定をいただき○○に行くので田澤先生に手術をお願いしようと思い、手術申し込みメールも送らせていただきました。

また、卵子凍結も○○の病院で行うつもりです。
田澤先生なら治療計画はどうなりますか?

リンパ節転移については手術後の病理でしか分からないんでしょうか?
私は一体ステージが何かは手術してみないと分からないんでしょうか?検査してもらえばもらうほど、不安になってしまいます。

術後の抗がん剤治療をしながら仕事を頑張っていらっしゃる方もたくさんいるので職場にはなしていませんが治療と仕事を頑張りたいです。
副作用は個人差があると思いますが、全ての脱毛、口内炎、味覚障害、筋肉痛等でしょうか?私は持病の薬でステロイド剤のプレドニンを飲んでいます。
治療中も大丈夫でしょうか?また、休みが不定期で、時間も遅い日があったりするのですが、何時まで抗がん剤の点滴を受けられるんでしょうか?きっかり3週間毎に抗がん剤を点滴しないといけないんでしょうか?
すごく長々と初歩的な質問もしてしまいましたが、宜しくお願いします。
また、手術も宜しくお願いします。
必要な書類とかありましたら、教えて下さい。
改めてこれからよろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

重要なことは3点

1.SLEがあるので放射線は原則禁忌 全摘が必要
2.リンパ節転移が疑われているのであれば、同時再建はしない方がよい(治療を優先するため)
3.抗がん剤は「SLEの主治医にお伺いをたてながら」行うことになる。(「しては駄目!」とはならないでしょう。)

「田澤先生なら治療計画はどうなりますか?」
→リンパ節の評価は難しいですが…(SLEがあるので)

 転移が明らかであれば、(最初から)郭清するし、(SLEによる反応性腫大の可能性があれば)「センチネルリンパ節生検」します。

「リンパ節転移については手術後の病理でしか分からないんでしょうか?」
→その通り。

「私は一体ステージが何かは手術してみないと分からないんでしょうか?」
→術前には「画像診断でのステージ(それが、3Cと言われているのです)」がありますが、それは「あくまでも」病理がでるまでのステージです。

「脱毛、口内炎、味覚障害、筋肉痛等でしょうか?私は持病の薬でステロイド剤のプレドニンを飲んでいます。」
→吐気や便秘など「消化器症状」がanthracyclineにはあります。(トリプルネガティブの場合にはanthracyclineは必須と思います。)

「治療中も大丈夫でしょうか?」
→それは、「SLEの主治医との相談」となります。

「また、休みが不定期で、時間も遅い日があったりするのですが、何時まで抗がん剤の点滴を受けられるんでしょうか?」
→午前中受診です。(採血もあるので)

「きっかり3週間毎に抗がん剤を点滴しないといけないんでしょうか?」
→いろいろな事情で変更となります。

 ・患者さん側の事情
 (この時期だと)風邪
 仕事

 ・病院側の事情
 年末年始、連休など

「必要な書類とかありましたら、教えて下さい。」
→紹介状
 病理(組織診)
 画像

 ★SLEの主治医から「診療情報提供」も必要となります。(こちらからの「診療情報提供依頼」が必要かもしれませんね。
 SLEの主治医からは「手術」や「術後の抗がん剤」についての注意点を言われていますか?)
  〇北大学病院は私の出身校だから、(担当医は)私の後輩なのでしょうね。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up