Site Overlay

抗がん剤治療について

[管理番号:10260]
性別:女性
年齢:47歳
病名:浸潤性入管癌
症状:
投稿日:2022年5月7日

田澤先生 はじめまして。

5年前に、右側の非浸潤癌で、乳頭・乳輪温存乳房切除術(乳房再建)を受けています。
術後の薬物療法はしていません。

今年になり、左側に乳癌が見つかり、3月上旬に左乳房全摘手術(1次再建)を受けました。

■病理検査結果

浸潤性入管癌

癌の大きさ 1.5×0.9cm 広がり2.3×1.8

リンパ節転移なし

ER 陽性

HER2 陰性

グレード3

ki67 20%

ステージ1

抗がん剤が必要かグレーゾーンとの事で、オンコタイプDXを受けました。

■オンコタイプDXの結果

RS 21

9年遠隔再発率 7%

化学療法の上乗せ効果<1% (50歳以下~6.5%)

ER 8.5 陽性 

PR 7.5 陽性 

HER2 8.6 陰性 

今後の治療についてですが、RSが21あり、50歳以下で閉経前との事から、ホルモン療法+抗がん剤を勧められています。

ki67が20%、グレード3と高めなのも心配で、両側が乳癌になった事もあり、少しでも効果があるのならと思うのですが、抗がん剤をするべきか迷っています。

質問です。

①私の場合、抗がん剤は必要でしょうか?勉強不足でよくわからないのですが、上乗せ効果は3%くらい?

②抗がん剤をしない場合は、タモキシフェン+注射だけでよいですか?

③抗がん剤をする場合、白血球が元々少なく、TCはアレルギーも出やすいとの事でACを勧められているのですが、ACでも問題ないでしょうか?

④サブタイプはルミナールBでしょうか?

来週、抗がん剤をするかの回答をしなくてはいけないため、田澤先生のお考えをお聞かせいただきたいです。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

OncotypeDXの結果の解釈については
「あるあるQ」の79『OncotypeDXの解釈についてのQは、まず『今週のコラム269回目 Rx PONDER (中間解析) その解釈』をご覧ください。』を熟読してください。

★私は上記に沿った回答しかしません。

OncotypeDX

***
再質問をする場合、下記日付以降にしてください。
2022/5/16
***

Scroll Up