Site Overlay

外科生検後の全摘手術について

[管理番号:9274]
性別:女性
年齢:45
病名:非浸潤乳管がん
症状:定期健診で石灰化あり
投稿日:2021年3月26日

おうかがいしたいことがあり、質問させていただきます。

先に右に非浸潤がん疑いがあり、針生検その後PET検査行い、全摘手術になりました。
その時に左にも、非浸潤がん疑いで、細胞診→結果出す、右手術時に外科生検し、非浸潤がんでした。
結果は、下記の通りです。

乳管内に充実性増殖を示す異型線上細胞をみます。
p63の免疫染色にて明らかな乳管外への浸潤をみません。
ck5 6の免疫染色にて染色性の低下をみます。
明らかな脈感内侵襲像をみません。
非浸潤乳管がんと考えます。
標本上切除断端は陰性ですが、切除断端まで0.1のぶぶんをみます。

核異型スコア 核分裂像スコア 各1点 核グレード グレード1
ERTS8=PS5+IS3 PgRTS7=PS4+IS3 どちらもjscore3b

確認したいことは、外科生検で結果は、病名確定なのでしょうか。
主治医からは、
断端までの距離短いから、全摘で放射線治療とホルモン治療もあるかもと言われました。
家庭の事情で外科生検から約3ヶ月あき、色々調べているうちに、気になってきました。
主治医の先生からは、外科生検で約5ミリのしこりと周りも切除したから、緊急を要しないと言われてます。
はじめは、全摘したらホルモン治療もいらないかもが、どんどん治療が増えて、転移があるのでは?と考えるようになってます。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

極めて混乱して「極めて無駄な心配(失礼!)」をされているようです。
物事はシンプルに考えましょう。

非浸潤癌で薬物療法(ホルモン療法も)は不要もしも全摘すれば放射線は不要(根治です)、このまま部分切除ならば(ホルモン療法は不要ですが)放射線は必須です。

★つまり選択肢は以下の2つ
1.(このまま)放射線照射
2.全摘(この場合、無論無治療)

ご参考に。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
9+
Scroll Up