Site Overlay

両側乳がん

[管理番号:9264]
性別:女性
年齢:47
病名:非浸潤性乳がん
症状:
投稿日:2021年3月22日

はじめまして。

最近このサイトを知り、色々勉強させていただいてます。

2013年2月、非浸潤性乳がんで範囲が広いとのことで、左胸全摘しました。

その後の治療は特になく、3ヶ月~半年毎に検診を受けていました。

ここ2ヶ月前より、右側脇の下に違和感を感じた為、少し早めに受診しました。

エコー検査をして、脇の方は特に問題なかったようですが、右胸に怪しい腫瘤が見つかり、3Dマンモ、針生検、造影MRIの検査をし、先週乳がんとの診断が出ました。
先生の話では非浸潤がんとのことでした。

〇月〇日に全摘手術予定です。

術前検査でCTやその他検査する予定です。
骨シンチに関しては先生は、術後に必要ならでいい、とのことだったのですが、
8年前は骨シンチをしたこと、両側乳がんと言われて動揺して、あちこちにがんがあるのではないかと思い、お願いして検査しました。

その検査を受けた日に、このサイトに出会い、読み進んでいると、petやctは医療被爆があり、非浸潤がんには不要との記載がありました。

自分からお願いして、骨シンチをしたことを悔やみましたが、これから受ける予定のCT検査の被爆が気になりだしました。
調べてみると、CTもかなりの線量なので、これがまた、新しいがんの原因にならないのか、不安で仕方ありません。

また、近親者に乳がんの者はいませんが、両側乳がんになり、遺伝性なのか気になっています。
娘もいますので、遺伝子検査は受けた方がいいのか悩んでいます。

両側にがんができるというのは、やはりがんができやすい体質で、他の臓器もなりやすいということなのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「両側にがんができるというのは、やはりがんができやすい体質で、他の臓器もなりやすいということなのでしょうか?」
⇒他の臓器に癌ができやすいことは無いし、非浸潤癌なのだから全摘すれば根治です。
 余計な検査は全く不要だし、(両側全摘なのだから)BRACAnalysisをする理由がありません。
 ご安心を。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
33+
Scroll Up