Site Overlay

トリプルネガティブ乳がんの予後

[管理番号:9249]
性別:女性
年齢:44歳
病名:トリプルネガティブ乳がん
症状:
投稿日:2021年3月12日

田澤先生、大変お世話になっております。

先生に診察、手術していただきました○○と申します。

先生から病理検査の結果をいただき
トリプルネガティブ Ki90% 脈管侵襲あり リンパ転移なし ステージ1でした。

抗がん剤をすることになり、その医師からトリネガでKiがこれだけ高いと、予後がかなり悪いと言われました(予後がいいのは30%くらいまでと)
Kiが高いと抗がん剤が効きやすいのではと伺いましたが、それは知らないと言って表情が曇っていました。

今までのQ&Aもできる限り読み、先生がトリプルネガティブやステージの大切さを回答されているのは読んでいるのですが、ステージが1であっても予後が悪いと断言され自分の場合の遠隔転移の可能性が気になります。

また基本的なことで申し訳ありません。
病理検査に書かれてある腫瘍の大きさA×B×Cと書かれてある数字はどの数字がステージの参考にされる数字なのでしょうか。

侵襲計が1.6cmと書かれてありましたが、侵襲計がステージに参考なのでしょうか。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「抗がん剤をすることになり、その医師からトリネガでKiがこれだけ高いと、予後がかなり悪いと言われました」
⇒無視しましょう。(その医師が何故そんなコメントをしたのか?について私がコメントすることはありません)

 1期なのだから(抗がん剤をすれば)再発率は10%前後だと思います。

「侵襲計が1.6cmと書かれてありましたが、侵襲計がステージに参考なのでしょうか。」
⇒その通り(侵襲「径」ですよ)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
26+
Scroll Up